Last-modified: 2014-02-18 (火) 06:48:56 (1253d)

【戦闘機】(せんとうき)

Fighter.
航空機撃墜を主任務とする軍用航空機

目標自体が高速で飛行するため、それを上回る高い運動性と最高速度を要求される。
その事がペイロード航続距離に深刻な影響を与えるため、継戦能力は低い。
従って、攻勢対航空作戦では地上施設を破壊するために攻撃機爆撃機の帯同が望ましい。

ただし、戦闘機のみでの対地攻撃もしばしば強行される*1
奇襲に遭遇した場合や、兵站調整が困難な航空母艦では他に選択の余地がない場合も多い。
近年のマルチロールファイターもそうした実情を踏まえた上で設計されている。

関連:機体命名法 支援戦闘機 戦闘攻撃機 戦闘爆撃機 甲戦 乙戦 丙戦 夜間戦闘機

第一次世界大戦の戦闘機

飛行機はその黎明期、軍では偵察機として運用されていた。
しかし敵味方の偵察機が遭遇すれば戦闘に陥るのも必然であり、武装が施された。
そうして生まれたのが史上初の戦闘機である。

やがて航空戦線は規模を拡大し、数十機撃墜したエースも数多く誕生している。

この頃の戦闘機は機体構造ひとつとっても単葉機から三翼機まで多彩な試行錯誤の繰り返しであった。
材質は木製のフレームにを張ったものが多かった。
武装は機関銃が主で、同調装置が発明されるまでは機銃の配置にも色々なものがあった。

cml.jpg

Camel
Photo :Royal Airforce

第二次世界大戦の戦闘機

バトルプルーフの集積で設計思想は収斂され、設計はやがて似通っていった。
これ以降、金属製の単葉機が戦闘機の基本構造となっている。

第二次世界大戦では航空任務が対地攻撃にも拡充され、航空優勢の重要性が認識されはじめた。
欧州では航空基地を巡り、また太平洋では航空母艦によって、それぞれ熾烈な空戦が繰り広げられた。

また、大戦末期にはドイツではジェット戦闘機やミサイルが実用化されていた。
この事で大戦の趨勢が覆る事はなかったが、戦後の航空技術の進歩に与えた影響は大きい。

a6m2.jpg

Zero(A6M2b)
Photo: U.S.Navy

spt.jpg

Spitfire
Photo: Royal Airforce

ジェット黎明期の戦闘機

戦後、ジェットエンジンは急速に普及し、戦闘機分野におけるレシプロエンジンを過去のものとした。
当時はまだ推力の非常に小さいものであったが、それでも飛躍的に速度が伸びた。
また、機関砲のみであった武装に加えて空対空ミサイルを装備した戦闘機が登場しはじめた。

86.jpg

F-86F
Photo: USAF

冷戦期の戦闘機

中東戦争ベトナム戦争など、アメリカ・ソビエトの戦闘機はしばしば実戦を交えた。
この頃からレーダー管制を前提とする目視外射程での対空戦闘も始まっている。
レーダーを妨害するECMをはじめ、空中での電子戦もこの頃から始まった。

同時期、ミサイル万能論の影響により、空対空ミサイル以外の武装をしない戦闘機(ミサイリアー)も登場している。
もっとも、これはベトナム戦争で悲惨な醜態をさらし、機関砲の重要性を再認識させる結果になっている。

f44.jpg

F-4E
Photo: USAF

冷戦終結期の戦闘機

電子技術の進歩により、攻撃機の任務を兼任できるマルチロールファイターが主流となった。
対空戦闘もいよいよ長射程化し、目視外射程で決着しない事例はほとんどなくなっている。
この流れを受け、一部ではステルス戦闘機も登場しはじめた。

su2277.jpg

Su-30
Photo: USAF

21世紀の戦闘機

東西冷戦の終結により、『当代最強の戦闘機』を必要とするような軍事的脅威は想定しがたくなった。
結果、多くの国家は軽量小型でRCSの低い万能機に完全に移行している。
しかしアビオニクスの進化は、軽量戦闘機の価格をも押し上げてしまった。

近年、新型の戦闘機はほとんど開発されず、もっぱら既存機種の近代化改修が繰り返されている。
この趨勢は後数十年は続くとみられている。

gripen.jpg

JAS-39 Gripen
Photo: SAAB


*1 (ある程度の能力低下を甘受できるなら)爆弾ロケット弾を搭載すれば可能であるし、非装甲目標(人員や車輛など)であれば固定兵装の機関銃でも十分対応できる。

添付ファイル: filespt.jpg 1267件 [詳細] filesu2277.jpg 1449件 [詳細] filegripen.jpg 2131件 [詳細] filef44.jpg 1508件 [詳細] filecml.jpg 1325件 [詳細] filea6m2.jpg 1481件 [詳細] file86.jpg 1321件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS