Last-modified: 2016-04-27 (水) 02:41:42 (511d)

【空対空ミサイル】(くうたいくうみさいる)

Air to Air Missile (AAM) / Air launched Intercept Missile(AIM).

航空機航空機撃墜する目的のために設計された誘導弾
ロケットエンジンにより飛翔して目標を追尾し、至近距離での爆発で被害を与える。
現代の戦闘機にとって最も重要な武装で、機関砲など従来の武装を半ば過去のものとしている。

一時期は機関砲を標準装備しない戦闘機である「ミサイリアー」も出現した。
しかしベトナム戦争などの戦訓で重大な欠陥が指摘され、現代まで戦闘機機関砲を装備し続けている。

終端誘導にはアクティブレーダー誘導、またはセミアクティブレーダー誘導を用いるのが一般的。
短距離用ではジェットエンジンの放熱を捉える赤外線誘導方式も用いられる。

長さに応じて「長対空ミサイル」「中対空ミサイル」「短対空ミサイル」と分類される場合がある。
この場合、『長さ』とは有効射程を指し、ミサイル自体の全長ではない。
ただし、ミサイル有効射程燃料搭載量に依存するため、射程の長いミサイルほど大型化する傾向はある。

なお、現代の空対空ミサイルはカタログスペック上、戦闘機がどのような回避機動をとっても回避できない。
無人・小型・軽量なミサイルは、有人戦闘機運動性の限界をはるかに超えた旋回能力を備えているからだ*1
しかし、実戦においては戦闘機が急旋回して空対空ミサイルを振り切る事は十分可能と目されている。
十分な距離がある段階でミサイルを察知すれば、Uターンして逃走し、有効射程圏外まで逃げ切る事ができるからだ。

逆に言うと、不用意に接近してしまった場合には生還が困難になる。
戦闘機同士の交戦では敵味方双方がそうなので、いかに遠距離から敵を発見し、速やかに反転離脱するかが生死を分ける。
このため、現代空戦では敵が撃ってくるのを遅らせるためのステルス技術が絶大な威力を発揮する。

参考:ミサイル万能論 最後の有人戦闘機 戦闘機不要論 トップガン

主な短射程空対空ミサイル(世代別)

第二次世界大戦

  • ドイツ
    • Hs 298
    • ルールシュタール X-4

第1世代空対空ミサイル(第二次世界大戦後)

  • イスラエル
    • シャフリル

第2世代空対空ミサイル

  • イスラエル
    • シャフリル2

第3世代空対空ミサイル

  • イギリス
    • レッドトップ
  • 南アフリカ
    • V3B「ククリ」

第4世代空対空ミサイル

  • ブラジル
    • MAA-3
  • 南アフリカ
    • V3C「ダータ」

第5世代空対空ミサイル

  • イギリス
    • AIM-132「ASRAAM」
  • 国際共同(スウェーデン・ドイツ他)
    • IRIS-T
  • スウェーデン
    • Rb-98
  • 南アフリカ
    • Uダータ

ヘリコプター用空対空ミサイル

  • フランス
    • ミストラル
  • 中国
    • 天燕90(TY-90)

主な中射程空対空ミサイル

  • インド
    • ASTRA
  • イスラエル
    • ダービー
  • 南アフリカ

主な長射程空対空ミサイル

aam.jpg

AIM-7中距離対空ミサイルを発射したF-15E
Photo: USAF


*1 人間は耐Gスーツの補助があっても10Gを超える急旋回ではブラックアウトを免れ得ない。しかしミサイルは50Gの加速にも耐えられる。

添付ファイル: fileaam.jpg 3021件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS