Last-modified: 2017-05-10 (水) 07:22:47 (164d)

ブローニングM2(ぶろーにんぐえむつー)

Browning's M2 .50cal Heavy Machinegun

1933年にアメリカ陸軍に制式採用された重機関銃
主にNATO諸国に採用されており、派生型も数多く存在している。

第一次世界大戦にてアメリカ軍は独仏両軍が使用する機関銃の威力に驚愕し、前線の歩兵を支援する強力な火器の必要性を身をもって実感した。
戦後、軍は銃技師のジョン・ブローニングに前線への火力支援と観測気球の撃墜を目的とした機関銃の開発を依頼。
12.7mm弾の使用を前提に開発されたこの銃は火力支援のみならず、装甲目標や航空機さえも撃破可能な重機関銃として誕生した。

完成したのは1921年だが、大恐慌の影響で約20年間は金食い虫として煙たがられ、不遇をかこった。
その後、第二次世界大戦の勃発により大量に発注される。
同大戦中に限っても約200万挺以上が生産され、当時のアメリカ製兵器の多くに搭載された。
原型銃の開発から既に80年以上が経過しているが、幾度となく近代化改修を重ねて今なお現役である。

本銃がここまで長らく愛用されているのは、偏に重機関銃を新規開発する動機がほぼ存在しないという戦術的・戦略的な事情による。
本銃で対処できないような状況では、より優れた重機関銃を投入するよりもより強力な火器より利便性に優れる火器より射程と精度に秀でた兵器などを投入する方が明らかに利口である。

M2は特に際立った性能を有する重機関銃では無いものの、この手の火器としては安価な上に整備性や拡張性に優れており、扱いやすい多目的重火器として重宝されている*1*2*3
本来の用途から逸脱してしまってはいるが、今や汎用機関銃の代表格として軍民問わず高い名声を博している。

スペックデータ

全長1,645mm
銃身長1,143mm
重量38.1kg(本体のみ)/58kg(三脚含む)
ライフリング8条右回り
使用弾薬12.7mm×99 NATO弾(通常弾、焼夷弾徹甲弾等)
装弾方式ベルト給弾(1帯110発)
作動方式ショートリコイル
発射速度約400〜600発/分
銃口初速853m/s
有効射程700〜1,000m


バリエーション

  • AN/M2(MG53-2):
    航空機搭載型。手動型とコックピットからの遠隔操作が行える電磁トリガー型がある。
    P-47「サンダーボルト」などの戦闘機の主翼や機首に装備された。

  • AN/M3:
    AN/M2の発展型。
    電気モーターを用いた補助機構により発射速度を1,200発/分に強化している。
    F-86「セイバー」他初期のジェット戦闘機の搭載武装として用いられた他、XM14/SUU-12ガンポッドとしても使用された。

  • GAU-15/A・GAU-16A・GAU-18/A:
    AN/M2及びAN/M3を基に軽量化されたヘリコプター搭載型。
    乗員が直接射撃を行うタイプ。

  • M3M/GAU-21:
    AN/M2ベースのヘリ搭載型。
    ヘリコプターの側面ドアに銃架と共に固定されており、連射速度を上げ、スペードグリップを大型化している。
    また、メタルループが付けられており弾詰まりのトラブルを減らすことができる。

  • M3P:
    AN/TWQ-1 アベンジャー防空システム搭載型。
    発射速度が950発/分と1,100発/分の選択式となり、銃口部に大型の筒形フラッシュハイダーが装着された。
    給弾方式は機械式のメタルループ方式となっている。

  • 12.7 Lkk/42 VKT:
    フィンランドでのコピーモデル。
    銃身のヒートカバーの形状がベルグマン MG 15nAに似た形状になっている。

  • 12.7mm重機関銃M2:
    陸上自衛隊での呼称。
    性能はM2基本型に準ずる

  • 13ミリ機銃:
    海上保安庁での呼称。
    性能はM2基本型に準ずる

  • BRG-15:
    FN社がM2の後継に提案した改造型。
    口径の大きい15mmx106弾を使用する。1990年代に計画中止。

  • M85:
    M2の設計を発展させて開発した50口径重機関銃。
    M60戦車とその派生型、およびLVTP7水陸両用装甲兵員輸送車に搭載されたが、構造が複雑で信頼性が低く、M2重機関銃に代わることはできなかった。

  • XM806:
    ジェネラル・ダイナミクス社がM2の後継として開発を行っていた50口径重機関銃。
    重量をM2の約半分まで減少し、射撃の反動も約60%軽減することに成功したが、発射速度もM2の半分に低下してしまった。
    2012年に開発中止となった。

  • K6:
    韓国が老朽化したM2の代替として開発したコピーモデル。
    銃身に把手を取り付けて、銃身交換を容易にした。


*1 1982年のフォークランド紛争では、アルゼンチン軍が本銃にスコープを取り付けて自動重狙撃銃として用いていた。
*2 その実質堅固さがAK-47に似通っている為か、一時期アフリカや中南米諸国では非公式に「AK重機関銃」との愛称が用いられた事がある。当然ながら、カラシニコフ氏の製品とはなんら関連も無い、純然たるブローニング系統の火器である。
*3 利便性に優れるが故に後継機種の開発は思うように進まず、遂に頓挫してしまった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS