【F-2】(えふに)

  1. McDonnel? F-2(F2H) "Banshee(バンシー)"
    アメリカのマクダネル社が開発した艦上戦闘機

    アメリカ海軍初のジェット戦闘機FD(FH-1)「ファントム」と平行して、第二次世界大戦中からFDの発展型として開発が進められた。
    量産は1948年に始まり、1953年の生産終了までに800機以上が生産され、カナダ海軍でも運用された。
    初期型はコルトMk.16 20mm機関砲を4門搭載した昼間戦闘機であったが、まもなく夜間戦闘機型と写真偵察機型が開発され、その他にも核攻撃機型など多数の派生型が生まれた。
    朝鮮戦争では戦闘爆撃機として活躍し、停戦後に実戦配備されたC型は対空レーダーを装備しAIM-9ミサイルの発射能力も持っていた。
    しかし、より高性能な後継機が間もなく登場し、1959年に姿を消した。

    直線翼の根元に推力1,430kgの1.5トン級ターボジェットエンジン「J34-WE-34」を双発で搭載するなど、外観は平凡で際立った性能もなかったが、視界の良い涙滴型風防を持ち操縦性もよかったため操縦士には好まれていた。

    【スペックデータ】
    全幅:13.66m
    全長:12.24m
    翼面積:27.3
    空虚重量:不明
    最大離陸重量:9,353kg
    エンジン:ウェスチングハウス製J34-WE-34ターボジェット・エンジン(推力14.5kN)2基
    最大速度:531kt
    海面上昇率:不明
    実用上昇限度:14,200m
    航続距離:1,017nm
    乗員:1名
    固定武装:コルトMk.16 20mm機関砲4門
    兵装:爆弾など最大910kgを搭載可能

    【バリエーション】
    XF2H-1:試作機、当初名称XF2D-1。
    F2H-1:量産型。
    F2H-2:エンジンを強化した型。
    F2H-2B:主翼を強化し、ハードポント?を追加した戦闘爆撃機型。
    F2H-2N:レーダーを搭載した夜間戦闘機型。
    F2H-2P:2型の写真偵察機型。90機製造。
    F2H-3:レーダーを搭載した全天候戦闘機型。カナダ海軍でも60機使用。米軍の航空機呼称変更後はF-2Cと呼ばれた。
    F2H-3P:3型の写真偵察機型。計画のみ。
    F2H-4:最終生産型。150機製造。米軍の航空機呼称変更後はF-2Dと呼ばれた。

  2. F-1の後継機である航空自衛隊支援戦闘機

    1980年代に始まった次期支援戦闘機(FSX)計画によって誕生した機体で、当初F404級エンジンを双発で搭載する国産機が予定されていたが、アメリカの政治的圧力によって既存の機体からの改造機を日米両国で共同開発・生産することになり、F-15F/A-18との比較の結果、改造のベースはF-16となった。
    日本の安全保障環境上、4発の空対艦ミサイルを搭載して東北地方と宗谷海峡を往復できる能力を求められたため、ペイロード航続距離の強化が図られた。*1そのため胴体の延長やCFRPを利用しての主翼大型化など、機体の大型化がなされ、またCCV技術の導入やアクティブフェイズドアレイレーダーの導入など、日本の最新電子技術も盛り込まれた。以上の理由により、F-16との共通部分はほとんどない。
    (このCCV技術は米国がソースコードの提供を断ったため、F-16CCVで研究されたものではなく、日本がT-2CCVなどで独自に研究していたものが採用されている)

    試作機XF-2は1995年に初飛行し、その際判明したレーダーや主翼の強度不足等の不具合を改修した量産型が、2004年8月の段階では三沢の第3航空団、築城の第8航空団に実戦機として配備が進みつつあるほか、松島の第4航空団にも教育目的で配備されている。

    F-2の生産は三菱重工業のほか、ロッキード・マーティン、川崎重工業、富士重工業、IHI等の各企業が分担して機体の各ブロックや部品を生産し、それを三菱重工小牧工場にて組み立てるという形で行っている。

    なお、初期に不具合が多発したことから、その性能について疑問視されていたが、2004年6月に三沢基地の米軍のF-16と行われたF-2初のDACTにおいて、期待通りの結果が得られたとの情報が伝えられており、模擬戦で一定の勝利を収めたと見るべきである。
    しかし、どのような状況下で行われたかは不明であり、訓練での勝敗は場合によって大きく変わってしまう。
    同世代機に比較し搭載するFCSレーダー「J/APG-1」の視程が極めて短く(探知範囲が20nm程度しかなく設計の1/3程度)、撃ちっ放し能力を持った99式空対空誘導弾(AAM-4)やAIM-120の運用が不可能(ただし、AAM-4は2010年中に運用能力を獲得する予定)。さらにはターゲットをロックオンした後に急激な機動をするとロックオンが外れてしまう、探知したターゲットがいきなりレーダーから消える(この2つは現生産機では解決済みだが初期生産機は改修の必要有り)と言われ、空対空戦闘機としてみた場合、F-16はもとより、同世代機に比べて大きく劣っている。*2

    支援戦闘機(FS)として設計されたのだから、これらは劣って当然という見方もあるが、世界の趨勢はマルチロールファイターであり旧態依然とした攻撃機に疑問の声も強く、2004年現在、自衛隊を囲む環境の急激な変化による戦闘機定数の削減圧力と、F-2のコストパフォーマンスや装備としての優先順位が(FIであるF-15Jと比べて)相対的に低いという2点の理由から、生産を当初計画の130機より20〜30機程度が削減される*3ことが決定された。
    もっとも、F-2はF-1(生産数77機)の後継機であり、F-1の後継分を超える機はT-2(高等練習機)の後継機として使用される計画であった事から、生産機数の削減が直ちに戦力の低下に結びつくかどうかは一概に判断できない(しかし、およそ半数が高等練習機として生産済みである)。

    上記理由により調達中止になったという背景を鑑みたのか、ロッキードマーチン?は F-2 SUPER KAI というアップバージョンをジャパンエアロスペース?2004にて大々的に発表した。 しかし、今のところ防衛省がこのプランを採用する予定は無く、またロッキード・マーチン社もこの展示のみで特に具体的な続報は発表していない。
    また、開発段階では基本性能向上型、FS性能向上型、F-4EJ改の後継としてFI型が構想されていた。

【スペックデータ】
全幅:10.80m/11.13m(翼端ランチャー含む)
全長:15.52m
全高:4.96m
主翼面積:34.84
空虚重量:9,527kg(F-2A)/9,663kg(F-2B)
最大離陸重量:22,100kg
最大兵装搭載量:8,085kg
エンジン:GE製F110-IHI-129ターボファン・エンジン(推力75.62kN/131.23kN(A/B使用時))1基
最大速度:マッハ2.0(高々度)/マッハ1.1(低高度)
海面上昇率:不明
実用上昇限度:18,288m
荷重制限:+9G/-3G
航続距離:2,160nm
戦闘行動半径:450nm(対艦攻撃ミッション時)
乗員:1名(F-2A)/2名(F-2B)
武装


*1 F-16とほぼ同サイズの機体にA-10の搭載量を持っていると言えばその異常さが分かるだろう。
*2 ただしEF-2000ユーロファイター タイフーンなどでもレーダーの初期の不具合は存在していたため、これだけでF-2が他の機体と比べ劣っていると判断する材料には成り得ない
*3 正確に言うのであれば「増産の可能性が否定された」のであり、当初の予定通りの数は生産される。さらに言うのであれば支援戦闘機の定義そのものが切り替わることが生産打ち切りの最大の理由である。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS