【F/A-18】(えふえーじゅうはち)

アメリカのマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が開発した、艦上戦闘攻撃機
愛称は、スズメバチを意味するHornet(ホーネット)。
現在アメリカ海軍アメリカ海兵隊の主力戦闘攻撃機である。

本機のルーツは、ノースロップ社がF-5の後継として開発した「P530『コブラ』」であった。
この機は、アメリカ空軍LCF(低価格戦闘機)競争試作に「YF-17」としてエントリーしたが、ジェネラル・ダイナミクス社のYF-16に敗れて一度「お蔵入り」となる。

しばらく後、アメリカ海軍でNACF(海軍空戦戦闘機)計画が立ち上がったが、海上運用時の安全確保の見地から、海軍が単発のYF-16を拒否した*1ため、双発のYF-17をベースとした艦上機の開発が決まった。
しかし、ノースロップには艦上機開発の経験がなかったため、マクダネル・ダグラスとの共同開発となり、最終的にはマクダネル・ダグラスが主契約社となった。
後に、マクダネル・ダグラス社はボーイング社に吸収合併されたため、現在はボーイング社のブランドとなっている。

当初は戦闘機型のF-18と攻撃機型のA-18が別々に生産される計画だったが、同一の機体で両方の任務をこなせる多目的戦闘機となったため、F/A-18のナンバーが与えられた。
但し「F-18」と「A-18」の名は同一機体になってからもしばらく残っており、「F/A-18」になるまでは戦闘機の任務に従事する機体を「F-18」、攻撃機の任務に従事する機体を「A-18」と呼んでいた。
初期型のA・B型に加え、火器管制能力を向上させてAIM-120AGM-65などを運用できるC・D型が開発されたが、その後、海軍でF-14A-6が退役すると、それらの後継としては航続能力や兵装量が不足するため、機体を大型化して燃料搭載量やハードポイントの増加など、各所に改良を施したE・F型が開発され、現在配備が進んでいる。
なお、E・F型の呼称として、メーカーなどの通称 SuperHonet(スーパーホーネット) 、現場兵士などの愛称 Rhino(ライノ) が挙げられる。
また、EA-6Bの後継となる電子戦機型として、複座のF型をベースにしたEA-18Gの開発も行われている。

アメリカ以外ではカナダ、スペイン、オーストラリア、クウェート、スイス、フィンランド、マレーシアの各国空軍が使用している。*2

映画「インデペンデンスデイ?」の主役機*3アメリカ海軍のアクロバットチーム「ブルーエンジェルス」の機体としても有名である。

スペックデータ

乗員1名(A/C)
2名(B/D)
全長17.07m
全高4.66m
全幅11.43m
主翼面積37.2
空虚重量12,973kg(A/B)
10,810kg(C/D)
最大離陸重量21,888kg(A/B)
23,542kg(C/D)
エンジンGE F404-GE-400ターボファン推力7,258kgf)×2基(A/B)
GE F404-GE-402ターボファン(推力8,145kgf)×2基(C/D)
最大速度マッハ1.7+(A/B)/マッハ1.8(C/D)
航続距離3,700km(フェリー時)
約537km(戦闘行動時)(C/D)
実用上昇限度15,240m(C/D)
固定武装M61A1 20mmバルカン砲×1門
兵装下記兵装を7,031kg(E/F型は8,051kg)まで搭載可能。
空対空ミサイルAIM-9,AIM-7,AIM-120
空対地ミサイルAGM-65,AGM-123?,AGM-158?
空対艦ミサイルAGM-84
対レーダーミサイルAGM-88
爆弾/ロケット弾ポッド
AGM-154?「JSOW*4」滑空誘導爆弾
各種クラスター爆弾
ペイブウェイレーザー誘導爆弾
JDAM
Mk.80シリーズ
CBU-72 FAE
LAU-10 ズーニー 5インチ ロケットランチャー
LAU-68 ハイドラ70 ロケットランチャー
B-57/61戦術核

バリエーション(カッコ内は生産機数)

  • YF-17「コブラ」
    F/A-18の原型機。

  • F/A-18A/B
    初期型。B型は複座型で当初はTF-18の名称だった。

  • CF-18A/B(138機)
    CF-104の後継として導入されたカナダ空軍向けの機体。CF-188A/Bとも呼ばれる。
    外見上ではM61A1機関砲の装填ドアに取り外し可能なライトを搭載しているほか、フォルスキャノピーが書かれている点が主な識別点である。

  • AF-18A/B(75機)
    オーストラリア空軍向けの機体。

  • EF-18A/B(72機)
    スペイン空軍向けの機体。C.15およびCE.15とも呼ばれる。

  • F/A-18(R)
    機関砲を撤去し、カメラを搭載した偵察機型。

  • X-53
    F/A-18AをベースとしたAAW*5実験機。

  • F/A-18C/D
    A/B型のアップグレード型。
    AN/AVQ-28 ラスター・スキャン型HUD、AN/AAR-50TINS、カラー多機能表示ディスプレイ、カラー・デジタル自動移動地図などのシステムが装備されているほか、暗視ゴーグルの利用も可能となった。
    またレーダー目標指示/距離測定システムを持つ前方監視赤外線ポッドも装備され始め、レーダー誘導爆弾の投下能力、各兵器の精密誘導投下が可能となった。

  • KAF-18C/D(40機)
    クウェート空軍向け機体の非公式名称。

  • F/A-18E/F「スーパーホーネット」
    1999年より配備されたF/A-18C/Dの発展型。
    航続距離や兵器搭載能力の向上を図り、機体の大型化やステルス性を考慮した改修がなされている。

  • F/A-18E/F Block 2
    F/A-18E/Fのアップグレード型。
    搭乗員ステーションの改良やAN/APG-79AESA、多機能情報分配システム (MIDS) 、発達型目標指示前方赤外線 (ATFILR)ポッドの装備能力、AIM-9Xの装備能力などが追加される。

  • EA-18G「グロウラー」
    EA-6B「プラウラー」電子戦機の後継機として開発された機体。愛称はうなる者の意。
    複座のF/A-18Fをベース機としており、後席には電子妨害士官(ECMO)が搭乗する。
    AN/ALQ-99?戦術妨害装置(TJS)ポッド、AN/ALQ-218(V)2無線周波受信システム、通信対抗手段セット(CCS)を搭載し、AGM-88 HARM対レーダーミサイルの運用能力を持つ。

  • F-18L
    ノースロップが主契約となる輸出バージョン。
    降着装置の簡素化や主翼折りたたみ装置の撤去、翼下パイロンの増設や簡略化した電子機器を搭載する等、YF-17とF/A-18を足して2で割ったような機体となっている。
    モックアップのみで製作されず。
18f.jpg

F/A-18F スーパーホーネット


*1 単発機では洋上不時着水のリスクが大きい点が指摘された。
*2 日本の航空自衛隊でも、1980年代にF-1の後継となるFSXの候補として導入が検討されていたが、結局、F-16をベースに作られた国産のF-2が採用された。
  その後、2010年代になってそのF-2と旧式化したF-4EJ改の後継を兼ねたFXとして、F-35タイフーンと共にE・F型が候補に挙げられたが、ここでもF-35に敗れている。

*3 なお当初はF-15が主役機になる予定であった。インデペンデンスデイ?の項を参照。
*4 Joint Stand-Off Weapon
*5 Active Aeroelastic Wing:能動空力弾性翼

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS