【航空自衛隊】(こうくうじえいたい)

Japan Air Self Defence Force (JASDF)

1954年以降の日本国が有する(事実上の)空軍
現行の日本国憲法に立脚する法制度上の事情から、軍隊ではなく「防衛省の特別機関」として定義されている。
他国の空軍と同様、主任務は敵性航空機および地上部隊・艦艇に対する迎撃、戦術偵察、空路での兵站輸送である。

日本国の地政学的な特徴から、防衛戦略は航空戦力に頼る部分が大きく、他国の空軍よりも相対的に大きな予算・人的資源を割り当てられている。
法制度上の制約による弱点もいくらか抱えているものの、その規模・装備・人員・練度*1は空軍として世界有数の水準に達する。

平成21年4月時点で、自衛官47,313人、事務官3,411人の計50,724人。

関連:自衛隊 陸上自衛隊 海上自衛隊

航空自衛隊ホームページ http://www.mod.go.jp/asdf/

編制

航空自衛隊は航空幕僚監部の下、「航空総隊」「航空支援集団」「航空教育集団」「航空開発実験集団」及び「航空自衛隊補給本部」という5つのメジャーコマンド、及びその他の直轄組織から編制されている。
その概要を以下に示した。

主な装備品

航空機・ヘリコプター


誘導弾・爆弾


警戒管制・防空装備

長射程地対空ミサイルパトリオット(PAC-2/PAC-3)
81式短距離地対空誘導弾
基地防空用地対空誘導弾
携帯式地対空ミサイルFIM-92「スティンガー」
91式携帯地対空誘導弾(SAM-2)
対空砲12.7mm対空機関銃M55(退役済(予備装備として保管
対空機関砲VADS
レーダーJ/FPS-2
J/FPS-3
J/FPS-4
J/FPS-5
移動式3次元レーダー装置 J/TPS-101
移動式3次元レーダー装置 J/TPS-102
通信・管制装備移動用多重通信装置 J/TRQ-502
移動用多重通信装置(OH)J/TRQ-504
地上移動局衛星通信装置 J/VRC-601
移動式管制塔 J/TSC-701
OH 多重通信装置 J/FRQ-8


後方支援装備

輸送車両業務車
軽装甲機動車
3 1/2tトラック
1 1/2tトラック
1/2tトラック
2 1/2t 4×4カーゴトラック(いすゞTSD/HTS)
人員輸送車(民生品を流用)
大型人員輸送車3号(民生品を流用)
自活車
補給車2,000G燃料給油車
500G燃料給油車
20kl燃料給油車
セミトレーラー5,000G 燃料給油車
2,000リットル燃料タンク車
消防・救難車両救急車(航空自衛隊用)
高規格救急車(航空自衛隊用)
消防車(航空自衛隊用)
消防車(サイト用)
大型破壊機救難消防車
パンサー6×6(空港用化学消防車)
救難車(改)
救難車R-2
場外救難車1型
1,000G給水車
セミトレーラ大形給水車
トラクタ6t(6×4)給水車用
除雪機材除雪ドーザ(装輪式)
モータグレーダ(除雪用)
大型融氷液散布車
除雪車(ロータリ式放雪形)
重除雪車
除雪車(サイト用)
残雪除去器材(プラウ付)
残雪除去器材(フロントブラシ式)
除雪トラック(6×6)改
残雪除去器材(けん引式)
防・除氷用器材
施設車両トラック2t半 4×2散水車
中型バキュームスイーパ
ショベルローダ
ショベルローダ(バックホー付)小型
土木用多目的車(ウニモグ)
荷役車両牽引車(航空機用2t)
牽引車(航空機用3t)
牽引車(航空機用5t)
牽引車(航空機用20t)
牽引用トラクター
BL-4A ボンブ・リフト・トラック
BL-1 ボンブ・リフト・トラック
無重力バランサー
カーゴローダー(C-130用)
フォークリフト5t II型
クラッシュクレーン45t
その他車両大形雪上輸送車
雪上車(SM31DN)
かく座機収容器材
炊事車
バリヤ作業車
高所作業車
水タンク車
ミサイル運搬車
弾薬運搬車
待機車
除染車
ハイリフトトラック
トーイングトラクタ
ハイリフトローダ
山林多目的車
レッカ車(航空自衛隊用)
軽レッカ
起動車
電源車
モーボバイク


過去の装備品

  • 支援戦闘機(攻撃機)
  • 輸送機
    • C-46(天馬)
  • 練習機
    • T-1A/B(初鷹)
    • T-2
    • T-3
    • T-6(まつかぜ)
    • T-33
    • T-34(はつかぜ)
    • バンパイアT.55(T-1の開発資料)
    • T-28B(T-1の開発資料)
  • 連絡機・救難機・その他
    • KAL-2
    • UF-104JA(無人標的機)
    • MU-2J
    • MU-2S

*1 実戦経験はないものの、中国やロシアと言った軍事大国に挟まれる形で常日頃から鍛えられている上、世界で最も実戦経験を積んだアメリカ空軍と頻繁に合同訓練をする機会があることに起因する。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS