【F/A-18】(えふえーじゅうはち)

McDonnell? Douglas F/A-18"Hornet(ホーネット)".

アメリカのマクダネル・ダグラス社(現ボーイング社)が1970年代に開発した、艦上戦闘攻撃機
愛称の「ホーネット」は、スズメバチを意味する。
現在、アメリカ海軍海兵隊の主力戦闘攻撃機である。

本機は、1970年代にノースロップ社がF-5の後継として開発した「P530『コブラ』」がルーツである。
同機は、アメリカ空軍LCF(低価格戦闘機)競争試作に「YF-17」としてエントリーしたが、ジェネラル・ダイナミクス社のYF-16に敗れて一度「お蔵入り」となった。

それからしばらく後、海軍で「海軍空戦戦闘機(NACF)計画」が立案されたが、この際、海軍は単発機であるYF-16の採用を拒否し*1、P530をベースとした艦上機を開発することにした。

しかし、ノースロップには艦上機開発の経験がないため、マクダネル・ダグラスとの共同開発となり、最終的にはマクダネル・ダグラスが主契約社となった。
後にマクダネル・ダグラスボーイング社に吸収合併された際、契約もボーイングに引き継がれた。

当初は戦闘機型のF-18と攻撃機型のA-18が別々に生産される計画だった。
しかし機体設計は多目的化し、F/A-18戦闘攻撃機となった。

戦闘攻撃機という分類が正式なものになるまでは任務ごとに呼び名が変えられていた。
戦闘機として用いる際はF-18、攻撃機として運用する際はA-18である。

アメリカ以外ではカナダ、スペイン、オーストラリア、クウェート、スイス、フィンランド、マレーシアの各国空軍が使用している。
また、アメリカ海軍のアクロバットチーム「ブルーエンジェルス」の機体としても有名である。

スペックデータ

タイプF/A-18A/CF/A-18C/D
乗員1名2名
全長17.07m
全高4.66m
全幅11.43m
主翼面積37.2
空虚重量12,973kg10,810kg
最大離陸重量21,888kg23,542kg
エンジンターボファン×2基
GE F404-GE-400?
推力7,258kgf)
GE F404-GE-402
(推力8,145kgf)
最大速度マッハ1.7+マッハ1.8
航続距離3,700km
(フェリー時)
約537km
(戦闘行動時)
実用上昇限度-15,240m
固定武装M61A1 20mmバルカン砲×1門
(装弾数570発)
兵装下記兵装を7,031kg(E/F型は8,051kg)まで搭載可能。
空対空ミサイルAIM-9「サイドワインダー」
AIM-7「スパロー」
AIM-120「AMRAAM」
AIM-132「ASRAAM」
IRIS-T
空対地ミサイルAGM-65「マーベリック」
AGM-84K「SLAM-ER」
AGM-154「JSOW*2
KEPD 350
空対艦ミサイルAGM-84「ハープーン」
対レーダーミサイルAGM-88「HARM」
爆弾/ロケット弾ポッドMk.82/83/84
各種クラスター爆弾(CBU-87/89/97)
ペイブウェイシリーズ(GBU-10/12/16/24)
JDAM
SDB
CBU-72 FAE
LAU-10 ズーニー 5インチ ロケットランチャー
LAU-68 ハイドラ70 ロケットランチャー
B-57/61戦術核
レーダー警戒受信機AN/ALR-50AN/ALR-67
ミサイル警報装置?AN/AAR-38(A型〜F型に搭載)
チャフフレアディスペンサーAN/ALE-39
-AN/ALE-47
(C型〜F型に搭載)
ジャミング装置AN/ALQ-26B
AN/ALQ-167

バリエーション(カッコ内は生産機数)

  • YF-17「コブラ」:
    F/A-18の原型機。

  • F/A-18A/B:
    初期型。B型は複座型で当初はTF-18の名称だった。

  • CF-18A/B(138機):
    CF-104の後継として導入されたカナダ空軍向けの機体。CF-188A/Bとも呼ばれる。
    外見上ではM61A1機関砲の装填ドアに取り外し可能なライトを搭載しているほか、フォルスキャノピーが書かれている点が主な識別点である。

  • AF-18A/B(75機):
    オーストラリア空軍向けの機体。

  • EF-18A/B(72機):
    スペイン空軍向けの機体。C.15およびCE.15とも呼ばれる。

  • F/A-18(R):
    機関砲を撤去し、カメラを搭載した偵察機型。

  • F-18 HARV*3
    NASAがA型をベースに改造した高迎え角研究実験機。

  • X-53:
    NASA・アメリカ空軍研究所(AFRL)・ボーイングの「ファントムワークス」がF/A-18をベースに共同で開発(改造)したAAW*4実験機。

  • F/A-18C/D:
    A/B型のアップグレード型。
    AN/AVQ-28 ラスター・スキャン型HUD、AN/AAR-50TINS、カラー多機能表示ディスプレイ、カラー・デジタル自動移動地図などのシステムが装備されているほか、暗視ゴーグルの利用も可能となった。
    またレーダー目標指示/距離測定システムを持つ前方監視赤外線ポッドも装備され始め、レーダー誘導爆弾の投下能力、各兵器の精密誘導投下が可能となった。

  • KAF-18C/D(40機):
    クウェート空軍向け機体の非公式名称。

  • F/A-18E/F「スーパーホーネット」:
    1999年より配備されたF/A-18C/Dの発展型。
    航続距離や兵器搭載能力の向上を図り、機体の大型化やステルス性を考慮した改修がなされている。

  • F/A-18E/F Block 2:
    F/A-18E/Fのアップグレード型。
    搭乗員ステーションの改良やAN/APG-79?AESAレーダー、多機能情報分配システム (MIDS) 、発達型目標指示前方赤外線 (ATFILR)ポッドの装備能力、AIM-9Xの装備能力などが追加される。

  • EA-18G「グロウラー」:
    EA-6B「プラウラー」電子戦機の後継機として開発された機体。愛称はうなる者の意。
    複座のF/A-18Fをベース機としており、後席には電子妨害士官(ECMO)が搭乗する。
    AN/ALQ-99?戦術妨害装置(TJS)ポッド、AN/ALQ-218(V)2無線周波受信システム、通信対抗手段セット(CCS)を搭載し、AGM-88 HARM対レーダーミサイルの運用能力を持つ。

  • F-18L:
    ノースロップが主契約となる輸出バージョン。
    降着装置の簡素化や主翼折りたたみ装置の撤去、翼下パイロンの増設や簡略化した電子機器を搭載する等、YF-17とF/A-18を足して2で割ったような機体となっている。
    モックアップのみで製作されず。
18f.jpg

F/A-18F スーパーホーネット


*1 単発機は双発機に比べ、洋上で不時着水した際のリスクが高い傾向にある。
*2 Joint Stand-Off Weapon.
*3 High Alpha Research Vehicle:高迎え角研究機
*4 Active Aeroelastic Wing:能動空力弾性翼。用法適応翼の項も参照。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS