Last-modified: 2017-02-17 (金) 12:19:11 (244d)

【過給器】(かきゅうき)

内燃機関エンジン)の構成部品のひとつで、空気を圧縮して燃焼室の内部に高圧で送り込む装置。
燃焼反応に必要な酸素の供給を増やす事で出力を増大させる。
主に気圧の薄い高空で運用される航空機や、燃費や耐久性を度外視できるモータースポーツなどで用いられる。

基本的にエンジン本体の一部として設計されるが、既製のエンジンに後から取り付ける事も可能。
ただし、既製のエンジンへの後付けは一般に違法改造とされる。

過給器に限った話ではないが、出力を向上させる試みは常に故障・事故のリスクを伴う。
『出力』は常に機械に負担を強いるため、高い出力は過負荷によって製品寿命を縮め損壊を招く事になる。

関連:ターボチャージャー スーパーチャージャー


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS