【F-4】(えふよん)

McDonnell? Douglas F-4 (F4H) "Phantom2" (ただし単に「ファントム」といわれることも多い。)
アメリカ海軍の艦上機として開発された後、数々の派生型を生み出し、5,000機以上の生産を誇った傑作大型戦闘機

米海軍が要求するマッハ2級のミサイリアーを目指して、マクダネル社がF3H-Gをベースに設計したF4H-1に端を発する。
ライバルとしてチャンスボート?社のF8U-3が存在したが、飛行審査の結果F4H-1が採用された。

当時としては高度だったレーダー火器管制装置を操作するため、複座となっている。
強力なJ79ターボジェットを2基装備しながら、航空母艦のエレベーターに収まるサイズに設計された。
その結果、太くて短い胴体に、有尾翼の折り畳み式クリップトデルタ翼を組み合わせた、独特の形状となった。

推力に余裕があるため、その外見に似合わず数々の速度記録や高高度記録を打ち立てた。
また搭載能力にも余裕が大きく、対地攻撃機としても優秀であった。
ベトナム戦争では数々の戦果を挙げ、当時米軍でエースパイロットを生み出した唯一の機種として知られる。
元々はミサイリアーだったが、ベトナム戦争では機関砲の必要性が叫ばれたため、一部の機体はガンポッドを装着したり、E型は固定武装としてM61A1を装備したりした。

派生型が非常に多いため、その一覧を以下に示す。

F-4A: 試作および初期少数生産型。
F-4B: 米海軍・海兵隊前期量産型。
F-4C: F-4Bの米空軍版。旧称F-110A。
F-4D: 米空軍向けに対地攻撃能力を強化した機体。一部は韓国やイランへ輸出された。
F-4E: 固定武装としてM61A1を装備する。 各国の空軍で使用された。
F-4EJ: F-4Eの航空自衛隊向け。 政治的理由により攻撃能力や空中給油受油能力を削除された。
F-4EJ改: F-4EJの延命改修型。アビオニクスを更新し、攻撃能力や空中給油受油能力が復活。
F-4F: F-4Eのルフトバッフェ版。 アビオニクスを簡略化し、単座でも運用可能。
F-4F ICF: F-4Fの延命改修型。アビオニクスを更新し、AIM-120を装備可能。
F-4G: 敵防空網制圧専用型。米空軍ワイルドウィーゼル機。
F-4J: 米海軍・海兵隊後期量産型。パルスドップラーレーダーを備えた。
F-4K: 英海軍向け。エンジンはRRスペイ・ターボファン。 英名ファントムFG.1。
F-4M: F-4Kの英空軍版。 英名ファントムFGR.2。
F-4N: F-4Bの延命改修型。
F-4S: F-4Jの延命改修型。
QF-4B: 余剰のF-4Bを改造したドローン?標的機
RF-4B: 米海軍・海兵隊向け写真偵察機
RF-4C: RF-4Bの米空軍版。旧称RF-110A。
RF-4E: RF-4CのエンジンアビオニクスをF-4E相当にしたもの。
RF-4EJ: F-4EJに偵察ポッドを装着した武装偵察機

f4h.jpg

Photo via SERA


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS