【A-6】(えーろく)

Grumman A-6 "Intruder".
1956年にグラマン社で開発が始まった全天候、超低空侵攻、精密爆撃能力を持つ中型艦上攻撃機
当初は「A2F」という呼称であったが、1961年の型式称号統一により「A-6」となった。

ベトナム戦争で初陣を飾り、その後、1990年代初頭までの長きにわたって、アメリカ海軍艦載機が何らかの形で関わった戦争や事変・紛争のほとんどに参加するという活躍を見せた。
1991年の湾岸戦争を境に後継となるF/A-18への置き換えが進み、1993年にアメリカ海兵隊から退役。1997年には海軍航空隊からも退役となった。
(なお、本機をベースにした電子戦機「EA-6Bプラウラー」は2010年現在も現役にある。)

本機は各種レーダー、航法装置、爆撃コンピューターを統合したシステムを搭載し、全天候運用能力と精密攻撃能力を得ていた。
武装は5箇所のパイロンに搭載されるが、これらのパイロンには、各種通常爆弾ロケット弾ガンポッドの他、AIM-9, AGM-12?,AGM-45といったミサイルが搭載できた。*1

スペックデータ

全長16.69m(A-6)
18.24m(EA-6B)
全高4.75m(A-6)
4.95m(EA-6B)
全幅16.6m/7.72m(主翼折り畳み時)(A-6)
16.15m/7.87m(主翼折り畳み時)(EA-6B)
主翼面積49.1屐A-6)
49.13屐EA-6B)
空虚重量11,630kg(A-6)
14,776kg(EA-6B)
最大離陸重量27,500kg(A-6)
29,484kg(EA-6)
エンジンP&W J52-P8Bターボジェット推力41.4kN)×2基(A-6)
P&W J52-P408ターボジェット(推力49.8kN)×2基(EA-6B)
最大速度M0.9(A-6)
M0.82(EA-6B)
巡航速度412kt
フェリー航続距離2,820nm
実用上昇限度12,925m(A-6)
12,558m(EA-6B)
海面上昇率2,340m/min(A-6)
3,932m/min(EA-6)
航続距離1,700nm
戦闘行動半径500nm(Hi-Lo-Hi)/285nm(Lo-Lo-Lo)
乗員2名(パイロット・爆撃手/ナビゲーター)(A-6)
4名(パイロット・電子戦要員)(EA-6B)
兵装下記兵装を5箇所のハードポイントへ均一に8,170kg搭載可能。
ミサイル各種:
対空ミサイル:AIM-9
対艦/対地ミサイルAGM-84D〜E,AGM-12,AGM-65,AGM-123,AGM-123A
対レーダーミサイルAGM-45,AGM-78,AGM-88
爆弾/ロケット弾/増槽類:
ハイドラ70 70mmロケット弾
ズーニー 127mmロケット弾
Mk.20 ロックアイII
Mk.77 ナパーム弾
Mk.80シリーズ
Mk.117
CBU-78 ゲーター クラスター爆弾
GBU-10E/-12D/-16B ペイヴウェイIIレーザー誘導爆弾
AGM-62「ウォールアイ」滑空誘導爆弾
B43戦術核爆弾
B61戦術核爆弾
増槽

派生型

  • A-6A(A2F)
    初期生産型。

  • A-6B(19機)
    A型を改修した防空制圧(アイアンハンド)型。対レーダーミサイルを搭載可能。
    1967年より部隊配備が開始。

  • A-6C(12機)
    A型を改修し、赤外線センサーと光学式カメラを搭載した型。
    1970年より部隊配備が開始され、ホーチミン・ルートへの攻撃に投入されたが大きな戦果を挙げることはなかった。
    1972年に一部の機体が誘導爆弾用のレーザー照射機に改修された。

  • A-6E
    A型の改良型。中央コンピューターや航法/攻撃レーダー、兵装システムなどの電子装置を更新している。
    新造機と在来型の改修機が存在し、新造機生産途中からは機首下部にTRAM(目標識別マルチセンサー)と呼ばれる目標探知攻撃複合センサーが装備された。
    また、CAINS(艦載機慣性航法システム)によって空母への完全な自動着艦能力が付与されている。

  • A-6E SWIP
    E型の近代化改修型。エンジンを出力強化型のP&W製J52-P-409に換装した他、AGM-65及びAGM-84、AGM-88の運用能力を追加した。

  • A-6E SWIP/コンポジット
    E型の上記改修と平行して、主翼をボーイング社で製造した複合材料製のものに交換した機体。
    AGM-65AGM-84AGM-84E SLAMAGM-88 HARMの携行能力が付与された。

  • A-6E SWIP ブロック1A
    上記改修に加えGPSの装備、IDAP(統合型防御電子機器プログラム)の実施、パイロット用新型HUDの装着の改良が行われ、コックピットは暗視ゴーグル対応型になった。

  • A-6F
    E型の改良型。
    電子機器のデジタル化とF404-GE-400Dターボファンエンジンへの換装を行い、1987年8月26日に初号機が初飛行。
    しかし、本機の更新用に開発されていたA-12「アベンジャーII」?と同様、調達予算を組めずに開発を中止された。

  • A-6G
    E型の改良型。電子機器のみをF型と同等の物にする更新だが計画だけで終わった。

  • KA-6D
    A型を空中給油機に改修した型。
    電子装置を降ろして燃料タンク容量を拡大しており、攻撃能力はない。
    1968年開発開始、1970年初飛行。

  • EA-6A(A2F-1Q)
    A型をベースに改修した電子戦機。

  • EA-6B
    EA-6Aのコクピットを大型化して乗員数を増やした電子戦機。愛称は「プラウラー」。
    垂直尾翼上端に受信用の大型のアンテナ用フェアリングが設けられているのが特徴。
    183機が製造され、海軍・海兵隊で使用されてきたが、1996年からは空軍が電子戦機の運用を取りやめた*2こともあり、海軍・海兵隊・空軍の三軍統合運用部隊でも使用されるようになった。

    オリジナルのA-6が退役した現在もなお現役で運用されているが、機体の耐用年限が満了に近づいているため、近い将来、海軍保有の機体はEA-18G グラウラー(F型(複座型)ベースの電子戦機)、海兵隊の保有機体はF-35C ライトニング IIの電子戦型、三軍統合運用部隊ではB-52の電子戦型へ更改される予定となっている。


*1 ただし空対空ミサイルは実戦配備された機体では搭載されなかった。
*2 EF-111が退役したことによる。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS