【80式空対艦誘導弾】(はちまるしきくうたいかんゆうどうだん)

1973年から79年にかけて開発された国産初の空対艦ミサイル。 通称ASM-1。
航空自衛隊F-1F-4EJ改に装備される。

F-1に搭載することを前提に開発された空対艦ミサイルで、動力はソリッドタイプの固体燃料ロケット推進、誘導方式は中間慣性誘導、終端にはECCM機能付きのXバンドのアクティブレーダーシーカーを用いたアクティブレーダー方式。高度計にはパルス式高度計よりESMに探知されにくいFM/CW方式の電波高度計を用いる。

弾頭部は弾頭、信管、上方トンネルからなり、弾頭は弾頭重量225kg(150kgとの説もあり)のHE半徹甲弾。信管には時限自爆機能付きの着発信管が採用されている。
また、上方トンネルにはアンビリカルコネクターを介して搭載母機と同ミサイルを結ぶ配線が装着されている。

弾体制御にはマグネティックパウダクラッチを用いた電気サーボ(最大舵角は±20°、最大出力トルク3.5kgf.m)によって作動する操舵翼を用いる。

ECCM機能として周波数変換機能や電波妨害源追尾機能を備えていると考えられる。
また目標への突入はシャローダイブまたはシースキミング飛翔である。

技術変更要求による改良を随時行なっており、誘導制御部を88式地対艦誘導弾のものへ換装するASM-1改も構想されたことがある。

当時としては標準的なタイプのミサイルであったが、将来の改良を見越した柔軟な設計によりこれをベースにして88式地対艦誘導弾(SSM-1)、90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)や、93式空対艦誘導弾(ASM-2)といった対艦ミサイルファミリーが生み出される事となった。

スペックデータ

全長:3,980mm
直径:350mm
主翼 翼幅:1,190mm
主翼 翼取り付け根部:940mm
操舵翼 翼幅:905mm
操舵翼 翼取り付け根部:215mm
発射時重心位置(誘導装置先端から):2,230
重量(発射時): 600kg
信管:ダイキン工業?製時限自爆機能付き着発信管
弾頭:ダイキン工業?HE徹甲弾
弾頭重量:225kg(150kgとの説もあり)
シーカー三菱電機製Xバンド・アクティブレーダーシーカー
慣性誘導?装置:日本航空電子?製ストラップダウンデジタル方式
誘導方式:慣性誘導?中間誘導)/アクティブレーダー誘導終末誘導
推進装置:ソリッドタイプの固体燃料ロケットモーター
電源:日本電池?製自動注液式酸化銀亜鉛形電池?
高度計:日本無線製FM/CW方式の電波高度計
最大射程:50勸幣紂平篦蝓
主契約会社:三菱重工?
関連:AGM-84

wepon016.jpg

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS