【零式艦上戦闘機】(れいしきかんじょうせんとうき)

旧日本海軍の艦上戦闘機ゼロ戦と呼ばれることも多い。
海軍での形式名称は「三菱A6M」。連合国軍のコードネームはZeke(三二型はHamp)。


速度機動力航続距離を最重視し、特に機体を軽量化することでそれらの要求を満たして開発された。*1
そのため同時期のアメリカ軍機に比べ防弾、機体強度などが見劣りするが、機動性、航続力は群を抜いていた。
主務設計者は九六式艦上戦闘機?などを担当した堀越二郎技師。

1940年の日華事変?では、特に操縦士の技量の高さが幸いして100機以上撃墜し、対空砲火で2機が撃墜された以外は空戦での損害はなしという一方的な勝利を収め、太平洋戦争初期の真珠湾攻撃、フィリピン空襲、インド洋作戦などでも無敵の活躍をした。
しかし、珊瑚海海戦の頃には、F4Fワイルドキャットの活躍によって大きな損害を被るようになっていた。これは急降下速度、防弾能力、無線を利用した連携力の差による。
アメリカ軍の撃墜率が日本を上回る中、日本は零戦の代替機の開発が思うように進まず、順次改修を施して凌いでいた。しかし最大の欠点であった急降下速度の低さは抜本的に改良できず、防弾能力も相対的に低いままで、依然としてベテランパイロットがあっけなく撃ち落されることも多かった。
対するアメリカ軍は高速・重武装化した新型戦闘機F6FF4U等を次々投入した。これらは多くの面で零戦を上回っており、サッチ・ウィーブと呼ばれる編隊空戦法や零戦の苦手な一撃離脱を用いるなどしたため、差が歴然となった。
大戦後期には完全に旧式化していたが、後継である烈風の開発が思うように進まず、結局終戦まで使い続けられ日本機としては最大の約1万機が生産された。
なお、烈風の開発に目処が立ったのは戦争終盤の昭和19年10月で、終戦までに8機が生産されただけであった。

スペックデータ(五二型)

機体略号:A6M5
全幅:3.57m
全長:11.0m
全高:9.121m
翼面積:21.30
空虚重量:1,876kg
正規全備重量:2,733kg
最高速度:565km/h(高度6,000m)
航続距離:1,920km(正規)/2,560km(増槽あり)
発動機?二一型、空冷星形14気筒(離昇1,130hp)
武装:九九式二号20mm機銃x2(主翼内、携行弾数125発)、九七式7.7mm機銃x2(胴体機首部、携行弾数700発)
兵装:30kg又は60kg爆弾2発

主な形式


  • 十二試艦上戦闘機(A6M1)
    試作機(1〜2号機は瑞星?一三型エンジン(離昇780hp)、3号機は?一二型(離昇940hp)を搭載)

  • 零式艦上戦闘機一一型(A6M2a、64機)
    暫定的とも言える初期生産型。
    そのため、着艦フックなど艦上機としての艤装を持たない。

  • 零式艦上戦闘機二一型(A6M2b、740機)
    一一型に艦上機としての正規の艤装を施したもの。
    航空母艦へ搭載するため、主翼端を50cmずつ折り畳めるようになっている。

  • 零式練習用戦闘機一一型(A6M2-K)
    二一型を複座にし、練習機としたもの。

  • 二式水上戦闘機(A6M2-N)
    水上戦闘機「強風」の開発が難航したため、一一型にフロートを取り付け、水上機にしたもの。

  • 零式艦上戦闘機三二型(A6M3、343機)
    二一型の後継でエンジンを?二一型(離昇1,130hp)に換装し、翼端折畳機構を廃止して主翼を短縮、角型に成型。
    九九式一号二型20mm機銃を九九式一号三型に換装(装弾数60発→100発)
    二一型と比べて最大速度・上昇力・上昇限度が増加し、急降下性能や横転性能も改善されたが、航続力、水平飛行時の安定性は低下している。

  • 零式艦上戦闘機二二型(A6M3、560機)
    三二型の欠点を補うために急遽開発・生産された型で、翼端折り畳み機構を復活させ機内燃料タンクを追加した。

  • 零式艦上戦闘機三二型甲、及び二二型甲(A6M3a)
    二二型、及び三二型の20mm機銃を長砲身型の九九式二号三型に換装したもの。

  • 零式艦上戦闘機五二型(A6M5、747機)
    二二型の発展型で、再び翼端折り畳み機構を廃止し、丸型に成型。
    エンジン排気でのロケット効果を狙い推力排気管化。
    ?搭載型では最大の560km/hを発揮。
    ただし極初期生産型は推力式単排気管が間に合わず、二二型同様の集合排気管を装備している。
    また、後期生産型から翼内燃料タンクに自動消火装置を設置して防御力を高めている。

  • 零式練習用戦闘機二二型(A6M5-K)
    五二型を複座にし、練習機としたもの。
    1945年に試作機2機が完成するが、生産準備中に敗戦となる。

  • 零式艦上戦闘機五二型甲(A6M5a、391機)
    ドラム給弾式の九九式二号三型20mm機銃をベルト給弾式の九九式二号四型に換装(装弾数100発→125発)
    また主翼外板を0.2mm厚くする等、構造を強化し急降下最大制限速度が増加した(741km/h)

  • 零式艦上戦闘機五二型乙(A6M5b、470機)
    右胴体機銃を九七式7.7mm機銃から三式13.2mm機銃に変更した他、胴体外板を厚くし、前面風防に45mm厚の防弾ガラスを装備した。
    また、座席の後部に8mm防弾鋼板を装備可能である。

  • 零式艦上戦闘機五二型丙(A6M5c、93機)
    左胴体九七式7.7mm機銃を廃止し主翼に三式13.2mm機銃2門を追加。
    操縦席後方に55mm防弾ガラスや8mm装甲板を追加し、主翼下に30kgロケット弾、小型爆弾架を装備した。
    しかし、重量増により運動性は大幅に低下している。

  • 零夜戦(A6M5d-S)
    操縦席後部または胴体左舷に九九式二号四型20mm斜銃1挺を搭載して、夜間戦闘機に改修された機体。

  • 零式艦上戦闘機五三型丙(A6M6c)
    エンジンを水メタノール噴射方式の?三一型に換装。
    主翼内燃料タンクをセルフ・シーリング式に。
    エンジンと防弾タンクの開発遅延により試作1機のみ。

  • 零式艦上戦闘機六二型(A6M7)
    五二型丙の胴体に250kg爆弾懸吊架(落下増槽懸吊架兼用)を装備した戦闘爆撃機型。
    大型爆弾を搭載しての急降下にも耐えられるように、水平尾翼の内部構造強化や胴体下面の外板厚増加も実施されている。
    特攻機として使用された機体には500kg爆弾を搭載したものもあった。

  • 零式艦上戦闘機五四型丙(A6M8c)
    ?をより大馬力の金星?六二型(離昇1,500hp)に換装。
    スピナ及びプロペラは、同型エンジンを搭載する彗星三三型と同じ物を装備し、機首の13.2mm機銃は撤去されている。
    584km/hを発揮するも、時既に遅く敗戦。試作2機のみ。

  • 零式艦上戦闘機六四型(A6M8c)
    五四型丙の量産型名称。生産中に敗戦となる。

戦艦大和と並んで有名な旧軍兵器であり、1990年代に大量に発表された「架空戦記」にもしばしば登場する。
http://sukhoi.s7.xrea.com/pukiwiki/attach/a6m003.jpg


*1 機体の軽量化はフレームに大量の肉抜き穴を開けることによって達成していたが、飛燕の開発者である土井技師はこのことについて
  「肉抜き穴を開ける余地があるということは無駄に構造材を使用していると言うことだ。この手のバカ穴はバカが開けるもの」
  というコメントを残している。事実、肉抜き穴は軽量化の手段としてはあまり効率の良い物ではない。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS