【バッカニア】(ばっかにあ)

Blackburn Buccaneer(海賊

スーパーマリン・シミター?の後継機として、ブラックバーン?/ホーカーシドレー?社が開発した艦上攻撃機
核攻撃を含む低空侵攻を主任務とする。
1953年にB-103として開発を開始し、1958年に初飛行した。

太い胴体を持ちながらエリアルールを取り入れたことによって、音速に近い速度領域での抵抗を減らして、高い低空機動性を有する。
パイロットからも、その機体形状からバナナ・ジェット (Banana Jet) の愛称でも親しまれた。
エンジンはS.1ではデハビランド?ジャイロン・ジュニア?を搭載しているが、出力不足のためS.2からはロールス・ロイス?スペイを搭載している。
初期型「S.1」は40機が生産されて海軍に納入され、続いてエンジン出力を30%向上させた「S.2」に生産が移行した。
イギリス空軍も老朽化した「キャンベラ」爆撃機の代替としてS.2をS.2Bとして採用、海軍が正規空母を全廃した後は、海軍配備機も全て空軍に移管された。
また、南アフリカにも16機が輸出された。

戦歴では、1983年のレバノン紛争などに参加し、退役直前の1991年には湾岸戦争に参加。
トーネードIDSが投弾したレーザー誘導爆弾を誘導する任務に就き、参加した12機は合計226回もの任務を全うし、優れた低空侵攻能力の一端を見せた。

現在は、南アフリカに輸出された機体も退役しているが、民間人がジェット戦闘機の飛行を体験できるサンダーシティ社(ケープタウン国際空港内)にてBAeライトニングホーカー?ハンター?と共に乗ることができる。

スペックデータ

乗員2名
全長19.33m
全高4.95m
全幅13.41m
主翼面積47.82
空虚重量13,600kg
最大離陸重量28,000kg
最大兵装搭載量7,300kg
エンジンデハビランド ジャイロン・ジュニアターボジェット推力31.6kN)×2基(S.1)
ロールス・ロイス スペイRB168-1AMk.101ターボジェット推力49.4kN)×2基(S.2)
最高速度マッハ0.92
実用上昇限度16,000m
航続距離2,268nm
戦闘行動半径518nm(Hi-Lo-Hi)
兵装AIM-9AAM
シーイーグルASM
AS-30LASM
マーテル対レーダーミサイル
ペイヴウェイレーザー誘導爆弾
454kg通常爆弾
WE177戦術核爆弾
マトラ・ロケット弾ポッド(68mmロケット弾を搭載)
増槽


派生型

  • バッカニア:
    試作機(20機)。

  • バッカニア S.1:
    デハビランド ジャイロン・ジュニアを搭載したイギリス海軍向け初期生産型。
    後に一部がS.2に改修された。

  • バッカニア S.2:
    ロールス・ロイス製スペイを搭載したS.1の改良型。
    ブラックバーンで10機、ホーカー・シドレーで74機など一部はS.1から改造された。

  • バッカニア S.2A:
    イギリス海軍向け。後にイギリス空軍向けへ改修される。

  • バッカニア S.2B:
    イギリス空軍向けバッカニア。
    マーテル対レーダーミサイルやシーイーグル対艦ミサイルを搭載可能で、1973年から1977年にかけて45機が製造された。

  • バッカニア S.2C:
    対レーダーミサイル搭載使用能力のないイギリス海軍向け型。

  • バッカニア S.2D:
    イギリス海軍向けの対レーダーミサイル搭載能力を有する発展型で、1975年より運用。

  • バッカニア S.50:
    南アフリカ空軍向けのバッカニア(16機)

関連リンク:http://www.maxsafari.com/thundercity/index.htm


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS