Last-modified: 2017-04-11 (火) 20:04:02 (223d)

【PzH2000】(ぴーぜっとえいちにせん)

Panzerhaubitze 2000
ドイツ陸軍が装備する国産の自走榴弾砲

1970年代、旧西ドイツ陸軍はそれまで運用していたアメリカ製のM109?自走榴弾砲の後継となる自走榴弾砲を要求し、1973年からイギリス、イタリアと「SP-70*1」155mm自走榴弾砲の共同開発を開始した。
同車は開発・製造コストの低減のため、レオパルト1戦車やマルダー?歩兵戦闘車のコンポーネントを流用し、主砲には牽引式のFH70・155mm榴弾砲を搭載する計画だった。

しかし、SP-70は各国の意見の対立や技術的問題により1986年に開発中止になってしまった。
そのため、ドイツ陸軍は1987年からPzH2000(Panzer Haubitze 2000=装甲榴弾砲2000)の名称で国産自走榴弾砲の開発に着手、1998年に実戦配備が開始された。

主砲はラインメタル社が独自開発した「ランゲスロール」と呼ばれる52口径155mm榴弾砲を搭載しており、車体や走行装置はレオパルト1戦車のものを流用している。
最大射程については、モジュラー式装薬システム(MTLS)を用いることによって通常榴弾(L15A2)で30km、ベースブリード榴弾で40kmの射程を有する。

本車はドイツ陸軍の他、イタリア・オランダ・ギリシャ・メキシコの各国陸軍でも使用されている。

主な採用国

  • ドイツ(154両*2
  • イタリア(70両)
  • オランダ(36両)
  • ギリシャ(25両)
  • リトアニア(21両発注、2015年〜2019年にかけて導入予定)
  • クロアチア(完成車両12両+予備パーツ3両分を発注)
  • カタール(24両、2015年〜2018年にかけて導入予定)

スペックデータ

乗員5名
全長11.67m
全高3.46m
全幅3.58m
重量55.3t
登坂力50%
超堤高1.0m
超壕幅3.0m
エンジンMTU MT881 V型8気筒液冷ターボチャージドディーゼル
(出力1.000hp/2.500rpm)
速度60km/h
行動距離420km
装弾数砲弾:60発
モジュラー式装薬:288個
機銃弾:1,000発
兵装52口径155mm榴弾砲×1門
MG3 7.62mm機関銃×1門
4連装発煙弾発射機×2基


参考動画



*1 Self-Propelled Howitzer 70:70年代型自走榴弾砲。
*2 当初185両を保有していたが、15両をカタール、16両をリトアニアに売却した。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS