Last-modified: 2017-01-29 (日) 13:25:54 (116d)

【M-4】(えむよん)

Myasishchev M-4"Bison".

旧ソ連のミヤシュチェフ設計局が開発した戦略爆撃機
NATOコード名は「バイソン」。

同時期に開発されたTu-16に比べて大型の機体で、深い後退角のついた片持ち中翼配置の主翼にミクーリン設計局製のAM-3Dターボジェットエンジン4基を搭載している。
主脚は胴体中心線上に配置されているため主翼を支える補助脚が翼端に装備されている。
機体前部の乗員コンパートメント及び後部砲塔は与圧構造になっている。
大西洋を超えて自由落下熱核爆弾を運搬できる能力を備えており、胴体中央部の主脚間に装備する爆弾倉には最大9トンの爆弾を搭載できる。

最初の爆撃機型(NATOコード「バイソンA」)は1953年に初飛行し、1956年に運用開始された。
しかし、当時のジェットエンジンは長時間の飛行に適さず、航続距離が不足し満足に任務をこなすことが不可能であることが判明したため、戦略爆撃任務はターボプロップエンジン搭載のTu-95が引き継いだ。
後にICBMの急速な実用化もあり、洋上偵察機給油機として使用されることになる。

M-4は1963年までに93機が生産された。
最後まで使用されたのが空中給油機型で、1994年まで使用された。

スペックデータ

乗員6名
全長53.4m
全高11.5m
翼幅52.5m
翼面積320
全備重量160,000kg
最大離陸重量210,000kg
ペイロード15,000kg
発動機ミクーリンAM-3Dターボジェット×4基
推力9,500kg
最大速度マッハ0.95
航続距離18,000km
実用上昇限度17,000km
固定武装NR-23 23mm機関砲×6基
兵装自由落下爆弾を最大9トンまで搭載可能。


派生型

  • M-4"バイソンA":
    最初の爆撃機型。

  • M-4A:
    開発機型。

  • M-4-2:
    空中給油機型。

  • 2M:
    エンジンをAM-3AからVD-5に換装した改良型で、3Mの基礎となった。
    開発名称は≪28≫であった。

  • 3M(M-6)"バイソンB":
    エンジンを強化型のVD-7に搭載し、ペイロードと航続距離を増強した発展型。
    1956年に初飛行し、当初はM-6と呼ばれていた。また、開発名称は≪201≫であった。

  • M-29(M-6P):
    1956年に3Mから設計された旅客機型。M-6Pとも呼ばれた。製作されず。

  • 3MR:
    機首に大型の哨戒レーダーを装備した洋上長距離偵察機型。
    1964年にソ連海軍航空部隊に配備された。

  • 3MS:
    3MのエンジンをRD-3M-500Aに換装した改良型。

  • 3MN:
    3MにVD-7Bエンジンを搭載した改良型。
    燃費の良いエンジンの搭載により、同じく改良型の3MSより、航続距離がさらに15%向上した。

  • 3MD"バイソンC":
    VD-7Bを搭載した新しい派生型。
    翼面積を増すなど大幅な改設計が行われていた。
    1959年に初飛行し、翌1960年にソ連空軍に配備された。

  • 3MYe:
    VD-7P(またはRD-7Pとも呼ぶ)エンジンを搭載した高高度爆撃機型。
    1963年にソ連空軍に配備された。

  • VM-T「アトラント」
    M-4の機体構造を用いて作成された規格外大型貨物輸送機。3M-Tとも。
    背面に大型貨物を搭載する。

  • 3MS-2:
    M-4-2を基に、3MSから開発された空中給油機型。1975年に初飛行した。
    Il-78の登場まで主力空中給油機としてソ連空軍で使用され、Tu-22Mなどへの空中給油能力を有していた。

  • 3MN-2:
    3MNから改修された空中給油機型。

  • 3M-5:
    KSR-5ロケットを輸送するために製作された輸送機型。1973年に完成した。

  • M-204M:
    エンジンをD-15?(推力13,000kg)に換装した試験機。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS