Last-modified: 2016-09-18 (日) 15:46:14 (399d)

【ダグラス・マッカーサー】(だぐらす・まっかーさー)

Douglas Macarthur(1880年生〜1964年没).

20世紀前半に活躍したアメリカ陸軍の将軍。最終の階級アメリカ陸軍(及びフィリピン陸軍*1元帥

第二次世界大戦後半、海軍ニミッツ提督と共に対日反攻作戦を指導。
終戦後は対日占領政策の実施機関「GHQ」の初代最高司令官として、日本に対する占領行政を行った。

その後、1950年に朝鮮戦争が勃発すると、これに呼応して編成された国連軍*2の総司令官も兼務。
北朝鮮軍の猛攻に釜山まで押し込まれた韓国軍・国連軍の戦線を立て直して反攻を開始し、一時は平壌を奪取して中国との国境まで迫る勢いを見せた。

しかし、1951年になると国連軍は義勇軍名目で介入してきた中国軍に押されて戦線が北緯38度線近辺で膠着。
この戦況を打開すべく、中国軍兵站拠点だった満州への戦略爆撃核兵器の使用を主張して連邦政府と対立。
それにより、国連軍・GHQから更迭されてアメリカ本土へ帰国。実権を剥奪され、事実上の退役となった*3

この時に語ったとされる著名な言葉に「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」というものがある。

1952年にタイプライター及びコンピュータメーカー「レミントン・ランド社」の会長として迎えられて余生を過ごし、1964年に老衰により死去。


*1 これは1930年代にフィリピン軍の軍事顧問を務め、同国軍の発展に寄与した功績を称えて与えられたもの。
*2 ただしソ連がボイコットしていたため、実質上は多国籍軍に近いものであった。
*3 アメリカ陸軍の元帥は終身現役の階級であるため、書類上は死去するまで軍籍にあった。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS