【豆戦車】(まめせんしゃ)

かつて存在した、戦車に類似の小型・軽装備の装軌式戦闘車両。
別名に「タンケッテ」「豆タンク」などの言葉がある。
第一次世界大戦から第二次世界大戦までのいわゆる「戦間期」(1920〜1930年代)に多く開発された。

砲塔を装備せず、武装は概ね機関銃1ないし2挺のみ*1で、乗員も1〜2名で運用されるのが特徴。
事実上、歩兵部隊に随伴して近距離の火力支援を行う移動式機関銃座であり、一般の戦車のように陣地攻撃や対戦車戦闘の任には耐えられない。
しかし、調達費用が安い事から、予算不足の小国や植民地、特に道路状況の劣悪な地域での治安維持任務では重宝された。
偵察・警戒・連絡任務を行う「装甲車」、輜重野砲を牽引する「牽引車」としても使われた事もある。
登場した時期は、騎兵機械化されて消えていく過渡期と重複しており、それまで軍馬が担っていた任務を代替する形で使われていた*2

第二次世界大戦において能力不足が判明し、以後急速に廃れたが、現代においても豆戦車に近い性質を持った軽量な装甲車両は作られており、命脈が完全に絶えたわけではない。
また、重火器を搭載した現代の軍用自動車*3を豆戦車の後継と見なす向きもなくはない。

関連:ヴィーゼル 60式自走無反動砲 87式偵察警戒車

主な車種

  • 英国
    • カーデン・ロイド豆戦車
    • ユニバーサル・キャリア(ブレン・ガン・キャリア)
  • イタリア
    • CV-29
    • CV-33
    • CV-35
    • L-3
  • ポーランド
    • TKS(TK-3)
  • ソ連
    • T-27
  • 日本
    • 九四式軽装甲車「TK」
    • 九七式軽装甲車「テケ」
IMG_0970.jpg

イタリアL3/33(CV-33)


*1 20機関砲歩兵砲を備えた車両もあった。
*2 旧日本陸軍では、従来騎兵連隊だった部隊に豆戦車を配備して「捜索連隊」に改編させていた。
*3 例えば、アメリカのHMMWVや日本の高機動車などの四輪駆動式汎用小型トラックなど。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS