【キューバ危機】(きゅーばきき)

1962年10月、キューバで核兵器が発見された事を発端として発生した世界規模の危機的状況。
相互確証破壊戦略の政治的限界を露呈させ、全世界を全面核戦争勃発寸前の恐怖へ陥れる歴史的事件となった。

概要

1959年
キューバのバティスタ政権が内戦で崩壊。フィデル・カストロを首班とする共産主義政権が成立。
アメリカはこれを敵視し、キューバに対し米州機構からの除名・経済封鎖などの制裁措置を執った。
更にCIAによる暗殺工作などの政権転覆を狙った工作活動も行ったが、いずれも失敗している。
カストロ政権は親米勢力との紛争に備えてソ連に接近していった。
1962年
キューバからの兵器供与要請に対し、ソ連は大量の武器供与による紛争発生を忌避。
一方で相互確証破壊による抑止力を狙い、通常兵器ではなく核兵器の配備を提案。
カストロ政権もこれに同意し、極秘裏の内にキューバにソ連の中距離および準中距離弾道ミサイルが配備され始めた。

「アナディル作戦」と呼ばれたこの輸送作戦はソ連最大のものと言われ、ミサイルを積んだ貨物船は、行き先を偽るために乗組員には防寒着を持たせて北へ向かうと誤認させ、貨物船の船長にも出発するまで行き先は知らされなかった。
更に外へ出てからも、偵察機対策のため日中は乗組員に外に出ないよう命じ、キューバに到着してからは夜更けにミサイルを搬入するなど徹底した防諜体制が敷かれていた。

1962年10月14日
アメリカ空軍U-2偵察機により、キューバに配備された弾道ミサイルの存在が発覚。
この事実を受け、軍部はミサイルが実戦投入可能な状態になる前に空爆を行い、更に地上部隊を投入するキューバ侵攻を主張したが、ケネディ大統領は保留とした。

実はこの時、既にミサイルは発射可能な状態だったと言われており、加えてキューバ周辺には核魚雷搭載のソ連の潜水艦、キューバ本土にも戦術核兵器が配備されていた。
対するアメリカ軍は、キューバ侵攻をにらんだ軍事演習でも核兵器の使用は想定しておらず、もし侵攻作戦が実行されていれば、完全に予想を外したアメリカ軍は大損害を被っていたばかりか、本土への核攻撃を許してしまう事態に発展しかねなかった。

1962年10月22日
アメリカ政府はキューバでソ連軍のミサイル基地が建設されている事実を公表。
ソ連に対して弾道ミサイルの撤去が要求されるも、ソ連は事実無根と主張してこの要求を拒否。
ペンタゴンは「デフコン2」を発令し、全軍が準戦時体制へ移行。
弾道ミサイルの弾頭が訓練用の模擬弾から実弾へと換装され、戦略哨戒によって24時間態勢で核戦争の勃発に備えた。
そしてアメリカ海軍大西洋艦隊がミサイル搬入阻止のためにキューバを海上封鎖、戦争寸前の危機的状況に至る。
1962年10月23日
アメリカの示威行動として、RF-101AF8U-1Pがミサイル基地に対する威力偵察を開始した。
1962年10月25日
国連安全保障理事会の緊急会合で、キューバ情勢について討議が行われた。
キューバに核ミサイルが存在するか否かが会議の焦点となるも、合意を得ず。
1962年10月26日
ソ連側が、キューバへの軍事的干渉を行わない事を条件に核ミサイルの撤去を提案。
1962年10月27日
ソ連側が追加条件として、トルコに配備された米軍のPGM-19「ジュピター」?中距離弾道ミサイルの撤去を要求。
同時期、キューバ上空でアメリカのU-2偵察機がソ連軍のS-75地対空ミサイル撃墜された。*1
ここに至って交渉決裂はほぼ確実となり、全世界が第三次世界大戦の勃発を覚悟した。
同日
急転直下、ソ連のフルシチョフ首相がキューバからの撤退を表明。
ソ連政府はアメリカ側の条件を呑み、アメリカ側もキューバへの軍事的非干渉とPGM-19?の撤去に合意。
全面核戦争の危機は回避された。

その後

この事件により、アメリカ・ソ連は共に核戦争のリスクを周知し、直接対決を忌避するようになる。
この後の冷戦はもっぱら技術開発競争と代理戦争に終始する事となった。

また、この事件を境に数年間、キューバとソ連の外交関係は如実に悪化した。
キューバは当事国であり、また自国が存亡の危機にあったにも関わらず、一切の交渉から閉め出されていた*2
ソ連側もキューバの稚拙な反応に辟易し、事件以後は各国の共産革命政権と距離を置くようになったという。


*1 この日にはF8U-1Pも対空砲火を受け、うち1機が被弾するも無事に帰還している。
*2 もちろん、世界情勢を左右する重要な交渉に「暴力的に政権を奪取した若い革命家」を出席させるなど暴挙以外の何物でもなかったのではあるが。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS