Last-modified: 2016-05-08 (日) 14:00:48 (410d)

【SS-N-2】(えすえすえぬに)

ソ連が開発した中距離対艦ミサイル
ソ連ではP-15「テルミート*1」と呼ばれ、NATOコードではSS-N-2/SSC-2「スティクス*2」と呼ばれる。
1954年に開発を開始し、1959年から配備が開始された。
主に、カシン級?駆逐艦コニ級?フリゲートタランタルI/II級コルベットナヌチュカ級?コルベット、オーサI/II級?高速ミサイル艇マトカ型ミサイル艇に搭載されている。

実戦運用では、エイラート事件?ラタキア沖海戦?が有名。

派生型では地対艦ミサイル型の4K51(SS-C-3)「ルベーシュ」が配備されている。
ソ連のほか、中国やイラクなどに輸出され、中国ではこのミサイルをベースにSY-1が開発されている。

スペックデータ

形式SS-N-2ASS-N-2BSS-N-2C/D/E
全長5.2m5.8m6.5m
直径76cm78cm
翼幅2.75m
発射重量2,100kg2,300kg2,500kg
射程35km40km80km
速度マッハ0.9
推進方式液体燃料ロケット(ブースター部)+固体推進ロケットモーター(サテスナー部)
エンジンSPRD-30モーター(ブースター部)
ペイロード350kg450kg513kg
弾頭HE 成形炸薬弾頭(350〜513kg)
誘導方式オートパイロット+アクティブレーダー
シーカーアクティブレーダーシーカー


派生型

  • P-15(SS-N-2A):
    初期型。射程40km。

  • P-15U(SS-N-2B):
    折り畳み式主翼を備える型。

  • P-15M(SS-N-2C):
    バックアップ誘導用に赤外線探知装置を持つ型。射程80km。

  • P-15MC:
    ブルガリア海軍向け。

  • P-20「テルミート2」:
    誘導装置を更新した型。

  • P-20K:
    P-15Mの誘導装置を更新した型。

  • P-20M:
    折りたたみ式主翼を備える型。
    翼長はP-15Uよりやや延長され、2,500mmとなった。
    また、弾体尾部にはY字型の操舵用小翼を有する。

  • P-21:
    P-15Mの赤外線誘導型。

  • P-22:
    折りたたみ式主翼と赤外線誘導装置を備える型。

  • ルベーシュ*3
    沿岸自走ミサイル複合体(地対艦ミサイル型)。
    P-35「プログレス(SS-N-3)」?SSMを使用する「リドゥート*4」作戦戦術沿岸自走ミサイル複合体の後継として開発された。
    MAZ-543 8×8トラックに自走発射装置3P51と「ガルプーン」レーダーを備えた管制室、電源用のガスタービン発電機を搭載する。
    ミサイルはP-15Mを使用し、運用時は発射装置×4基と輸送装填車輌×4輌によって編成される。


*1 Термит:ロシア語で「白蟻」や「テルミット」の意味。
*2 Styx:ギリシャ神話に登場する冥界の河(三途の川)の意。
*3 Рубеж:ロシア語で「境界・国境」あるいは「作戦帯」という意味。
*4 редут:ロシア語で「堡塁」のこと。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS