Last-modified: 2017-07-13 (木) 18:21:44 (132d)

【SA-13】(えすえーじゅうさん)

旧ソ連で開発された地対空ミサイル
ロシア軍では9K35「ストレラ*1-10」と呼び、NATOコードではSA-13「ゴファー」と呼ばれる。
9K31「ストレラ-1(SA-9『ガスキン』)」自走短距離地対空ミサイルの後継として開発された。

SA-13は1970年代に旧ソ連軍に配備され、その後も大量に生産された。
台車にはMT-LB軽装甲多用途装軌車両をベースに使用しており、SA-9「ガスキン」と同じく台車があるため開発から量産まではさほど時間はかからなかったと言う説もある。
SA-9と同じく、この台車もNBC兵器防護機能を備えている。
また、SA-8「ゲッコー」やSA-9「ガスキン」と違い、タイヤでは無くキャタピラでの走行のため、荒地や沼等の場所でも走行可能である。

使用する9M37ミサイルは、パッシブ赤外線誘導方式で、前方からの攻撃も可能。
また、チャフや各種ジャマーに対応するサーマル式目標識別システムと簡易誘導レーダー・システムやTVモニター式誘導装置等を重層している。
索敵に関しては搭載のパッシブ探知装置を使用するか、視認もしくはレーダー装置搭載車で行なう。最大射程は5kmで、パッシブ探知距離は不明である。
弾頭はHE破片弾頭、推進燃料は固体推進薬を使用している。
本家ロシアをはじめポーランド・リビア・アンゴラ・イラク・旧ユーゴスラビア等多数の国に輸出された。

ロシア陸軍では現在、350輌ほどが配備されており、9K35「ストレラ10」が1個小隊と2S6「ツングースカ」1個小隊からなる対空中隊が、戦車連隊および自動車化狙撃(機械化歩兵)連隊、海軍歩兵連隊に配備されている。

実戦ではアンゴラ軍と南アフリカ軍?との紛争で、アンゴラ軍がミラージュF1AZを1機撃墜している。
その後イラク軍?湾岸戦争で、旧ユーゴスラビア軍がコソボ紛争?で使用した。

SA-13.jpg

Photo:Ukraine Department of Defense

関連:SA-9 SA-8

スペックデータ

9A35自走発射機

乗員3名
全長6.6m
全高2.3m
全幅2.85m
戦闘重量12.3t
懸架方式トーションバー
エンジンYaMZ-238V ディーゼルエンジン(出力240hp)
最大速度62km/h(路上)
行動距離500km
装甲10mm(車体前面)
携行弾数12発
兵装9M37 4連装地対空ミサイル発射機×1基


9M37ミサイル

全長2.19m(ミサイル本体)/2.33m(発射管)
直径12cm(ミサイル本体)/29cm×29cm(発射管)
翼幅40cm
発射重量35.9kg(9M37/37M)/42kg(9M333)
有効迎撃高度10〜3,000m
有効射程800〜5,000m(9M37/37M)/200〜5,000m(9M333)
速度マッハ2.0
推進方式固体燃料ロケットモーター
誘導方式パッシブ式赤外線誘導シーカー(9M37/37M)
デュアルモード・パッシブ・フォトコントラスト/赤外線シーカー(9M333)
弾頭HE破片ロッド(4kg)



*1 Стрела:矢の意。

添付ファイル: fileSA-13.jpg 1003件 [詳細]

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS