【38度線】(さんじゅはちどせん)

第二次世界大戦末期に朝鮮半島を横切る北緯38度線に引かれたアメリカ軍ソ連軍の分割占領ライン。

第二次世界大戦終結後、朝鮮を統治していた日本が撤退し、北からソ連軍が進駐した。一方南からはアメリカ軍が進駐。
そしてこのラインを境に、朝鮮半島北側をソ連軍が、南側をアメリカ軍がそれぞれ占領、統治した。
軍政が終了し、1949年に北朝鮮と韓国が建国された後から朝鮮戦争終結後までこの38度線が南北国境となっていた。

関連:朝鮮戦争 軍事境界線  


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS