【駆逐艦】(くちくかん)

Destroyer

艦艇の一種。アメリカ海軍では"DD"の略号で表記される*1
「水雷艇駆逐艦」を略したものが語源であるが、現代における定義は後述のとおり曖昧である。

一般には巡洋艦より小さく*2、明白に軍事衝突を想定して武装した戦闘艦を指す。
ただし、中には往時の戦艦巡洋艦に匹敵する満載排水量10,000トン以上の艦もある*3
また、ヘリコプター空母を「ヘリコプターの母艦機能を持つ駆逐艦」として扱う、という極端なケースもある*4*5
重量の下限についても、フリゲート並みかそれ以下という例が多々あり、こちらも明確な国際基準はない。

関連:護衛駆逐艦

ルーツとその発展

元々「駆逐艦」とは、その名の通り「水雷艇を駆逐(撃破)する艦艇」として開発された艦である。
水雷艇は、小型の船体と高い機動力を活かし、艦船の死角から雷撃を行う事を任務とする艦艇であり、鈍重な巡洋艦戦艦にとっては重大な脅威であった。
これに対する対抗戦術として設計・開発された、「一定の機動力と、水雷艇を容易に駆逐する武装」を備えた艦艇が駆逐艦であった。

その後間もなく、外洋航行能力に欠ける水雷艇は海戦兵器の座から退き、その役割は駆逐艦へと引き継がれた。
これに伴い、爆雷高射砲を搭載するなどして、その任務は様々に多様化していった。
最盛期の駆逐艦に割り振られていた任務は主として以下のようなものである。

  • 艦隊・輸送船団を護衛する
  • 緊急事態において人員・資材の強行輸送を行う

*1 日本の海上自衛隊でもこれに倣い、護衛艦の艦籍記号にDD(またはDE)を割り当てている。
*2 概ね排水量5,000トン程度。ちなみに、これを第二次世界大戦直前の1930年代を基準とすれば、概ね軽巡洋艦クラスとなる。
*3 日本の「こんごう」級・「あたご」級・「ひゅうが級」など。
  また、アメリカ海軍のイージス巡洋艦タイコンデロガ」も、設計当初は「ミサイル駆逐艦」に分類されていた。

*4 こちらも日本の「ひゅうが級」及び「19500トン型護衛艦」が例として挙げられる。
*5 これに類似のケースとして、ソ連(ロシア)海軍が航空母艦を「航空巡洋艦」として扱っている、という例がある。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS