Last-modified: 2017-03-09 (木) 14:20:57 (139d)

【R-1820】(あーるせんはっぴゃくにじゅう)

Wright R-1820 "Cyclone 9".

アメリカのカーチス・ライト社で開発・製造された航空機用空冷星型エンジン
1925年に製作された「ライト P-2」をベースに開発され、1931年〜1950年代まで長期に渡り生産が続けられた。
F2A「バッファロー」SBD「ドーントレス」B-17「フライングフォートレス」など、アメリカの航空機に搭載された。
派生型として、複列14気筒化したR-2600「サイクロン14」や複列18気筒化したR-3350「サイクロン18」がある。

ソ連でもシュベツォフ M-25?としてライセンス生産され、改良型のASh-62?、複列14気筒版のASh-82?、複列18気筒版のASh-73?、単列7気筒版のASh-21?へと発展、ソ連のエンジン開発の土台にもなった。

主な搭載機

性能諸元

タイプ空冷星型9気筒
ボア155.6mm
ストローク174mm
排気量29.88L
全長1,200mm
直径1,400mm
乾燥重量605kg
燃料供給方式キャブレター
過給器遠心式スーパーチャージャー1段2速
離昇馬力1,350hp/2,700rpm
高度馬力R-1820-56:
1,200hp/-(高度1,520m)
900hp/-(高度5,620m)
R-1820-C9HC:
1,300hp/2,600rpm(高度1,220m)
1,000hp/2,600rpm(高度5,330m)



*1 グラマン社製のF4F「ワイルドキャット」をゼネラルモーターズ社でライセンス生産した機体。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS