Last-modified: 2014-03-09 (日) 10:58:07 (1145d)

【浸水】(しんすい)

船や建造物の内部に大量の水が入り込み、その区画が利用不能になる事。
主たる原因は大雨、津波、洪水などによるが、水道管などの不備によって発生する場合もある。

艦艇の浸水

船は当然ながら水中に浮いており、水面に触れている部分の外壁が損傷すれば、穴や亀裂から水が入り込んで浸水する。
主な原因は船体自体の老朽化、船同士や氷山・岩礁などとの激突、砲弾の命中、水雷魚雷機雷爆雷)、対艦ミサイルの弾頭の炸裂などである。
戦闘を想定していない民間船では、小銃弾拳銃弾が命中しても浸水が発生し得る。
また、大波によって船体が捻じ曲げられて破損したり*1、海水をかぶったり転覆したりした際に甲板の開口部から浸水する事もある。

船が浸水すれば当然ながら沈没の危険がある(というより、船内の全空間が浸水した状態を指して「沈没」と呼ぶ)。
とはいえ、浸水は穴や亀裂から徐々に発生するので、水を掻き出しつつ穴を塞ぐか、浸水部分を密封する事で沈没を防ぐ事ができる。
現在の大型船は底部が二重構造になっており、また船内を区画ごとに密閉できるように設計されている。
ただし、潜水艦が深海で浸水すると、外壁を亀裂沿いに引き裂くほどの水圧がかかるため、どんな小さな浸水原因でも致命的になりうる。

沈没を免れた場合でも、浸水区画内の水が事実上の積荷となって*2艦艇の速度を低下させる。
また、船の一部のみが浸水すると、重量が左右または前後に偏って転覆事故を起しやすくなる*3

関連:ダメージコントロール ラム


*1 貨物船による大量海上輸送が本格化した頃、溶接の不備によって高波を受けた船舶が溶接部分から真っ二つに裂けた事故が多発したことがある。
*2 1m四方の水は真水でも1トンの重量を持ち、海水はさらに重い。
*3 可能であれば、バラストタンクに注水するなどして重量バランスを取るが、それにも限界がある。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS