Last-modified: 2017-04-04 (火) 13:11:58 (203d)

【化学防護車】(かがくぼうごしゃ)

1987年に正式採用された、陸上自衛隊NBC偵察車。
主に中央特殊武器防護隊(中央即応集団隷下。埼玉県・大宮駐屯地所在)、各師団および旅団内の化学防護小隊などに配備されている。

かつて陸自では、60式装甲車をベースにしたNBC偵察車両*1がごく少数配備されていたが、本車はこれの代替として、82式指揮通信車をベースに開発された。

車内には空気清浄機が取り付けられ、放射線測定器やガス検知器などの他、車体後部右側には汚染された土壌のサンプルを採取するためにマニピュレーターが装備されている。
また、車体前面には原子力災害時など必要に応じて、中性子防護板を取り付けることが出来る。
武装はM2 12.7mm重機関銃 1挺を装備し、73式装甲車96式装輪装甲車で採用された物と同様に車内からのリモコン操作が可能となっており、乗員を汚染物質の被曝から守る対策がなされている。

平成11年度以降取得の車輌は「化学防護車(B)」と呼ばれ、起倒式の風向センサーや赤色灯を搭載するようになった。

本車は生物兵器の検知には対応していないため*2、後継として本車と生物偵察車を一本化してNBC偵察能力を高めたNBC偵察車が2010年に開発・配備中である。

スペックデータ

乗員4名
全長6.10m
全高2.38m
全幅2.48m
戦闘重量14.1t
エンジンいすゞ製10PBI 4ストロークV型10気筒液冷ディーゼルエンジン
(出力305hp/2,700rpm)
登坂力60%
超堤高0.6m
超壕幅1.5m
最大速度95km/h(路上)
行動距離500km
兵装M2 12.7mm重機関銃×1挺
測定装備GSM-4ガスサンプラー(化学物質測定用)
地域用線量率計3形(放射線測定用)
携帯用測定機器
気象測定装置
主製作社小松製作所



*1 この車両も本車と同名だった。
*2 生物兵器の場合には生物偵察車(73式大型トラックがベースの車両)を用いる。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS