Last-modified: 2017-09-27 (水) 18:57:22 (82d)

【ボムキャット】(ぼむきゃっと)

アメリカ海軍が運用していた艦上戦闘機グラマンF-14「トムキャット」の一バリエーション。
本来は空母機動部隊戦闘空中哨戒を行う制空戦闘機として設計されたF-14を、戦闘攻撃機に転用したもの。

1990年代後半、A-6「イントルーダー」艦上攻撃機の退役に伴い、F-14マルチロール化を試みたもの。
当時の海軍・海兵隊の航空隊主力機F/A-18C・Dより航続距離が長く、偵察機攻撃機として活用された。

2001年からの対テロ戦争においてF/A-18C・Dでの作戦展開が困難な局面に遭遇した際、大々的に投入されて戦果を挙げた。

内陸国アフガニスタンが戦場となったため、母艦からの距離がF/A-18C・D戦闘行動半径を越えてしまっていた。
加えて、間に第三国を挟んでいたため、政治的事情から空中給油機展開ができなかった。

しかし、F/A-18に比べて設計が古く、ユニットコストも高くつくため、航続距離の伸びたF/A-18E・Fに取って代わられた。
原型機F-14と同様、2006年に退役している。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS