【F2A】(えふにえー)

F2A "Buffalo(バッファロー)"

ブリュースター社が開発し、第二次世界大戦初期に使用されたアメリカ海軍艦上戦闘機
1,000馬力級空冷エンジンを積んだずんぐり太い単葉の胴体に、引き込み脚やアレスティングフック、密閉式コックピットなど、当時としては革新的な要素を多数盛り込まれて設計され、1939年にアメリカ海軍への実戦配備が始まった後はフィンランドや英国などにも供与された。

開戦後は太平洋地域で使用されたが、鈍重だったため、同時期に日本軍の主力だった零戦?に対して、速度上昇力?運動性航続距離の全てにおいて明らかに劣り、ミッドウェー海戦では零戦相手に海兵隊航空団VMF-221に所属していたF2A-3 19機のうち13機損失と一方的な損害を出したため、1942年夏までに多くが第一線を退いた。

しかし、フィンランド軍?に供与された機体「ブルーステル」(F2Aのフィンランドでの呼称)は、航空母艦上での運用のための様々な装備が省かれていたほか、エンジンや計器などが変更されたため、良好な性能を発揮し、継続戦争序盤から奮戦、喪失21機(事故含む)に対しソ連軍相手に456機撃墜とかなりの活躍を見せた。
また、数々のエースパイロットを生み出したことから「タイバーン・ヘルミ(taivaan helmi:空の真珠)」と賞賛され、ラップランド戦争終結の1945年まで使用され続けた。

関連:F4F エイノ・イルマリ・ユーティライネン? ハンス・ヘンリック・ウィンド?

スペックデータ

乗員1名
全長8.03m
全高3.68m
全幅10.67m
翼面積19.41
自重2,146kg
最大重量3,247kg
発動機ライトR-1820-40「サイクロン」空冷星形9気筒(出力1,200馬力)×1基
速度
(最大/巡航)
517km/h(高度5,070m)/415km/h
実用上昇限度10,120m
航続距離1,553km
固定武装ブローニングM212.7mm機関銃×4挺
爆装45kg爆弾×2等


派生型(カッコ内は生産機数)

  • XF2A-1:
    ライトR-1820-22エンジン(950馬力)を搭載する原型機。

  • F2A-1(11機):
    ライトR-1820-34エンジン(940馬力)を搭載する初期生産型。

  • F2A-2(43機):
    エンジンを出力強化型のR-1820-40(1,200馬力)に変更した型。

  • F2A-3(108機):
    防弾装備を強化した型。
    だが、重量増加のため運動性は低下した。

  • B-239(44機(フィンランド空軍)):
    エンジンをR-1820-G5(950馬力)、 照準器をドイツのレフィ、計器をオランダのフォッカー社製に変更した輸出型*1
    機銃は機首にコルトM40 7.62mm機関銃、機首と主翼にコルトM53 12.7mm機関銃の計4挺だったが、機首のコルトM40は後にコルトM53に変更された。

  • B-339(40機):
    輸出型。
    ベルギーが発注したが、受領する前にドイツに占領されたため、イギリス空軍に回された。

  • B-339C(24機):
    エンジンをR-1820-G105(1,000馬力)に変更した輸出型。
    オランダ領東インド陸軍航空隊が使用した。

  • B-339D(48機):
    エンジンをR-1820-40に変更した輸出型。
    オランダ領東インド陸軍航空隊が使用した。

  • B-339E(170機): エンジンをR-1820-G-105に変更した輸出型。
    イギリス空軍が使用した。

  • B-439(20機):
    エンジンをR-1820-G205A(1,200馬力)に変更した輸出型。
    オランダ領東インド陸軍航空隊が使用した。


*1 当時、フィンランドがソ連との冬戦争中だったため、交戦国に軍事物資の輸出を禁止する法律によってアメリカ海軍制式装備の輸出が認められなかったためである。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS