【F-2(アメリカ)】(えふに(あめりか))

McDonnel F-2(F2H) "Banshee(バンシー)".

アメリカのマクダネル社が開発した艦上戦闘機

アメリカ海軍初のジェット戦闘機FD(FH-1)「ファントム」と平行して、第二次世界大戦中からFDの発展型として開発が進められた。
量産は1948年に始まり、1953年の生産終了までに800機以上が生産され、カナダ海軍でも運用された。

初期型はコルトMk.16 20mm機関砲を4門搭載した昼間戦闘機であったが、まもなく夜間戦闘機型と写真偵察機型が開発され、その他にも核攻撃機型など多数の派生型が生まれた。
朝鮮戦争では海兵隊偵察機戦闘爆撃機として活躍し、停戦後に実戦配備されたC型は対空レーダーを装備しAIM-9ミサイルの発射能力も持っていた。
しかし、より高性能な後継機が間もなく登場し、1959年に姿を消した。

直線翼の根元に推力1,430kgの1.5トン級ターボジェットエンジンである「J34-WE-34?」を双発で搭載するなど、外観は平凡で際立った性能もなかったが、視界の良い涙滴型風防を持ち、操縦性もよかったため操縦士には好まれていた。

スペックデータ(F2H-3)

乗員1名
全長14.68m
全高4.42m
翼幅12.73m
翼面積27.3
空虚重量5,980kg
全備重量9,531kg
最大離陸重量11,437kg
エンジンウェスチングハウスJ34-WE-34?ターボジェット(推力14.5kN(3,250lbf))×2基
最大速度933km/h(580mph/504kn)
海面上昇率30m/s
実用上昇限度14,205m
航続距離2,760km
兵装コルトMk.16 20mm機関砲×4門(搭載弾数:220発(上段)/250発(下段))
最大910kgの兵装を搭載可能。
60ポンドロケット弾×8発
500lb爆弾×6発(60ポンドロケット弾×2発時)
AIM-9×2発

バリエーション

  • XF2H-1:試作機、当初名称XF2D-1。
  • F2H-1:量産型。
  • F2H-2:エンジンを強化した型。
  • F2H-2B:主翼を強化し、ハードポイントを追加した戦闘爆撃機型。
  • F2H-2N:AN/APS-6レーダーを搭載した夜間戦闘機型。
  • F2H-2P:2型の写真偵察機型。90機製造。
  • F2H-3:レーダーを搭載した全天候戦闘機型。カナダ海軍でも60機使用。
    米軍の航空機呼称変更後はF-2Cと呼ばれた。
  • F2H-3P:3型の写真偵察機型。計画のみ。
  • F2H-4:最終生産型。150機製造。
    米軍の航空機呼称変更後はF-2Dと呼ばれた。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS