【Bf-109】(びーえふいちまるきゅう)

第二次世界大戦中の全期間を通じて活躍した、ドイツ軍?主力戦闘機
水冷エンジン?を装備した単発?の単座で、何度も改修されたために多くのバリエーションがある。
さらに戦後もイスラエル軍チェコスロバキア?から輸入し、中東戦争でも使われた。
終戦までに製造された機数は30,000機を超え、
これを凌ぐ生産機数はソビエト?IL-2?シュトルモビクの36,163機だけである。

関連:レシプロエンジン メッサーシュミット ルフトバッフェ ハンス・ヨアヒム・マルセイユ スピットファイア


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS