【B757】(びーななごーなな)

B727の後継としてボーイング社がB767とほぼ同時に開発した中距離向けの双発ジェット旅客機。

B767セミワイドボディ?機であるのに対し、B757はナローボディ機となっており、コックピットB767とほとんど同一の構造となっているため、操縦資格が共通している。

日本のエアライン?では1機も導入していないため、馴染みの薄い機体に思われるが、欧米のエアライン?では数多くが運航している。

2004年10月28日に最終号機(通算1050機目)を中国の上海航空へ納入したのを機に生産を終了した。
http://www.boeing.jp/2004/102804.htmlを参照)
以後はB7E7に役目を譲ると思われる。

スペックデータ

初飛行82/02/19(757-200)
86/04/08(757-200ER)
87/08/13(757-200PF)
88/07/15(757-200M)
98/08/02(757-300)
乗員2名(機長・副操縦士)
乗客1クラス181名/2クラス202名(757-200)
1クラス200名/2クラス228名(757-200SR)
1クラス280名/2クラス243名(757-300)
全長47.3m(757-200/200PF)
54.5m(757-300)
全高13.6m
全幅38m
胴体幅3.76m
キャビン横幅3.54m
最大離陸重量105t(757-200)
115t(757-200SR)
124t(757-300)
巡航速度M0.80
航続距離4,500km(757-200)
7,400km(757-200ER)
6,300km(757-300)

B757の派生型のラインナップ

・B757-200(B757の基本型)
・B757-200ER(B757の航続距離延長)
・B757-200F(貨物専用機(Freighter)バージョン。-200ER改造)
・B757-200PF(米国向け小型貨物専用機(Package Freighter)バージョン。-200ER改造)
・B757-200M(貨客両用(Combi)バージョン。−200ER改造)
・B757-300(B757-200の胴体延長型)
データは、エンジンとしてプラット&ホイットニー社・ロールス・ロイス社2通りが存在し、運用によっても変わるため、あくまで目安。

米ボーイング社 B757Link http://www.boeing.com/commercial/757family/

関連:B767 ETOPS


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS