• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(びーななよんなな よんひゃくでぃー){【B747-400D】}; [#i6f08709]
Boeing 747-400D.~
Boeing 747-400 Domestic.~
~
[[ボーイング]]社の超大型[[旅客機]]・[[B747-400]]の一バリエーションで、近距離路線向けにカスタマイズされた機体。~
発注・運用したのは日本の航空会社2社([[日本航空]]・[[全日本空輸]])のみだったが、[[B747]]シリーズで最多の569名の乗客を輸送することが出来る。~
400の後についているDは"Domestic(国内)"の略称である。~
[[ボーイング]]社の[[旅客機]]・[[B747-400]]の近距離路線向けバリエーション。~
主に日本の国内線での使用を想定したもので、実際、発注した航空会社は[[日本航空]]・[[全日本空輸]]のみだった。~
~
本型は、日本国内の[[空港]]の主要な施設を改修せずに運航させるために、主翼を300型までの翼幅と同じ長さにする必要があり、[[ウイングレット]]を含めた延長部分を取り外した。~
燃費を向上させる効果のある[[ウイングレット]]まで取り外したのは、想定される飛行時間が短時間((日本の国内線は、最長でも片道3時間前後の[[フライト]]である。))であり、[[燃料]]消費に対するメリットがほぼ見込めないためである。(同様に[[水平尾翼]]内の燃料タンクも省略してある)~
日本国内の[[空港]]施設を利用する制約上、長すぎる[[主翼]]から[[ウイングレット]]を含む延長部分が取り外された。~
これによって燃費が悪化したが、最長でも3時間程度の短距離路線であったため特段の問題とはみなされなかった。~
同様の理由から[[水平尾翼]]内の燃料タンクも省略されている。~
~
また、離発着回数の増加に対応させるために[[主脚>ランディングギア]]の構造、主脚の放熱機構、大気圧の変化による疲労を考慮したドア周りの構造を強化((これは1985年の[[日本航空123便墜落事故]]を教訓としたものといわれている。))、前述の燃料タンクの省略と合わせて、日本国内線の短距離飛行・高稼働率に対応できる機体となった。~
また、[[着陸]]回数の増加に対応させるために[[主脚>ランディングギア]]・ドア周りの構造を強化している((これは1985年の[[日本航空123便墜落事故]]を教訓としたものといわれている。))。~
~
以上のように、日本国内線向けにカスタマイズされている機体だが、海外への長距離飛行のために元の400型と同様の仕様にすることもできる(ただし、回数は限定されている)。~
全体として、日本国内線における短距離・高稼働率での運航に特化した機体である。~
ただし、海外渡航に際してフライト前に改装を施して標準型と同様の仕様に戻す事も可能であった((ただし、この改装は無制限にできたわけではなかった。))。~
~
1995年12月の生産終了までに19機が生産されたが、[[日本航空]]では2010年度までに全機退役し、[[全日本空輸]]でも2014年3月31日で全機退役した((なお、これにより日本の航空会社で運用されていた旅客型B747も全機退役となり、[[航空自衛隊]]が「政府専用機」として運航する[[B747-47C]]が、日本籍のオペレーターが運用する唯一の旅客型B747となった。))。~
~
1995年12月の生産終了までに19機が生産され、2機が400標準型から改造された((内訳は[[日本航空]]向けが8機、[[全日本空輸]]向けが11機+(400型オリジナルからの改造)2機。))。~
[[日本航空]]では2010年度までに全機退役し、[[全日本空輸]]でも2014年3月31日で全機退役した。~
>国際線仕様機と違い、退役後は中古機、あるいは[[貨物機]]として利用されることは少なく、大半がスクラップや部品取り機になった((これは、国際線仕様に比べて短距離・高稼働率の運航で機体の劣化が激しかったことが主な原因とみられる。))。

関連:[[B747SR]]~
~
&ref(http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/20060617b747pokemon.jpg,512x384);~
B747-400D型([[全日本空輸]]「ピカチュウジャンボ」([[機体番号>機体記号]]JA8957)。2013年10月退役)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS