【特殊部隊】(とくしゅぶたい)

Special Operations Group

偶発的に必要になる事があるが、常に必要なわけではない特殊な任務を担当する部隊
通常業務の範疇外の業務を行うため、特殊な技術やノウハウを習得した専門家により構成される。
一般の将兵や捜査官から必要な資質に秀でた者を選抜して別途に訓練を施すのが普通である。

その性質上、任務に駆り出される頻度が低く、労働時間の大半が訓練で占められるという。

軍事特殊部隊(軍事SOG)

軍隊では、何らかの特殊な能力を持った者で構成された少数精鋭の部隊を指す。
広義には構成員が何か特殊な能力を持っていれば、どのような部隊でも「特殊部隊」となり得る。

ただし、一般には戦闘員スパイの境界領域に属する特殊作戦を担当する部隊を指す。
主任務は敵地潜入。その目的は情報収集・民衆の扇動・破壊工作・暗殺など。
必要な技能は外国語会話・狙撃・格闘技・爆発物取扱・サバイバル技術・心理操作など。

こうした技術は国内のテロリストへの対処にも応用される場合がある。
とはいえ、交渉や逮捕は司法機関の領分であり、軍事SOGの投入はおおむね犯人の射殺を意味する。

ほとんどの国家政府は、いわゆる「特殊作戦」の存在を公式には認めない。
存在が公表されている軍事SOGも、その大半は表向き「対テロ任務」を掲げている。
国際問題になるような違法行為に従事する卑劣な部隊など存在するはずがないのである、公式には。

なお、任務の性質上、野戦砲戦車攻撃機などの支援を受けられる事はまずない。
このため、直接的な戦闘能力に関してはどうあっても少人数の歩兵の域を出ない。
特殊部隊は一般にタフで優秀な兵士の集まりだが、それは近代戦では誤差以上のものではない*1
タフなのは孤独と疲労に耐えるためであって、銃弾に耐えるためではないのである。

もちろん、戦術次第では「正規部隊を向こうに回して大立ち回り」もできるかもしれない。
荒唐無稽なフィクション以外でも、特殊作戦中の交戦で誇るべき戦果を挙げた実例はある。
とはいえ本来の任務は戦う事ではなく、交戦が不可避な場合にのみ止むを得ず暴力を行使する*2

警察治安特殊部隊(警察SOG)

法執行機関?の特殊部隊は、暴力を行使するために編制される。
主任務は臨検・武装した犯罪者の拘束・人質救出など。
必要な技能は狙撃・徒手格闘技・交渉術などである。

一般的な警察官は、正当防衛の必要性は承知していても、自分から暴力を振るう事は想定しない。
不審者に殺される可能性があったとしても、先制攻撃で道行く不審者を殺す事は許されない。
またもちろん、殺傷せずに取り押さえて逮捕すれば良いというものでもない。
推定無罪の原則に則り、犯罪者である事が確定するまで、人を犯罪者として扱ってはならないからだ。

これは必然的に、能動的な暴力の行使を前提とするような訓練も許されないという事である。
従って、暴力の行使が必要な場面では一般的な警察官の規範を逸脱した特殊部隊が必要とされる。

とはいえ、特殊部隊であっても法執行機関?の基本的な原則は遵守される。
暴力を行使する目的は第一に市民の保護、第二に容疑者を拘束して裁判に出頭させる事である。
正当防衛や市民の生命などに関わる深刻な事態でない限り、容疑者の殺害はやはり許されない。

主な特殊部隊

部隊名職域管轄国籍
デルタフォース軍事アメリカ陸軍アメリカ合衆国
グリーンベレー軍事アメリカ陸軍アメリカ合衆国
第75レンジャー連隊軍事アメリカ陸軍アメリカ合衆国
SEALs軍事アメリカ海軍アメリカ合衆国
DEVGRU軍事アメリカ海軍アメリカ合衆国
フォース・リーコン?軍事アメリカ海兵隊アメリカ合衆国
TACLET?司法警察?アメリカ沿岸警備隊アメリカ合衆国
SWAT*3司法警察?アメリカ合衆国の各警察アメリカ合衆国
SAS軍事イギリス陸軍グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国
中央即応集団軍事陸上自衛隊日本国
冬季戦技教育隊軍事陸上自衛隊日本国
西部方面普通科連隊軍事陸上自衛隊日本国
対馬警備隊?軍事陸上自衛隊日本国
特別警備隊?軍事海上自衛隊日本国
特殊急襲部隊(SAT)司法警察?警視庁および(一部)道府県警察日本国
SIT司法警察?警視庁および各道府県警察日本国
SST(特殊警備隊)司法警察?海上保安庁日本国
フランス外人部隊?軍事フランス陸軍フランス共和国
GIGN?司法警察?フランス国家憲兵隊フランス共和国
GSG9司法警察?ドイツ連邦警察局ドイツ連邦共和国
スペツナズ*4軍事ロシア連邦内の各機関ロシア連邦
テロ対策部隊アルファ司法警察?ロシア連邦保安局ロシア連邦
第八特殊軍団軍事朝鮮人民軍朝鮮民主主義人民共和国
Su Alti Savunma軍事トルコ陸軍トルコ共和国

*1 当たり前の話だが、人は撃たれれば死ぬ。
  機関銃で蜂の巣にされたが日頃の鍛錬のおかげで生き延びた、などという事は決して期待できない。
  また同様に、榴弾砲制圧射撃を飛び跳ねて避けるなどという事もできない。

*2 本来の任務は偵察かもしれず、暗殺かもしれず、人質救出かもしれず、現地人との会談かもしれない。
  そのいずれにせよ、誰かの襲撃や妨害を受けない限り銃器が必要になる事はない。
  特殊部隊は常に襲撃や妨害を想定して任務に臨むが、交戦を回避できる時はそのために最大限の努力を払う。

*3 各州ごとに呼称が異なる場合がある。
*4 ロシア語で「特殊部隊」の意。ロシア国内に設立された雑多な特殊部隊の総称であって特定の部隊を指す語ではない。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS