【戦闘機不要論】(せんとうきふようろん)

何らかの技術革新や新兵器の登場という軍事革命により、従来の戦闘機は不要になるだろうという考え方。
戦闘機という兵器が登場してから幾度となく語られているが、代表的なものには以下のようなものがある。

1930年代〜高速爆撃機、あるいはマルチロール爆撃機〜

第二次世界大戦前の1930年代「迎撃不可能な爆撃機を開発できれば戦闘機の存在意義は失われる」と論ずる主張があった。
当時、まだカウンターエアの戦術は未発達で、爆撃機の迎撃は極めて困難であったためである。

具体的な戦術論としては、爆撃機の速力を高めてヒットアンドアウェイ戦法を取らせることが想定されていた。
また、爆撃機迎撃戦闘機撃墜する能力を与える方法論も研究されていた*1

しかしレーダーと無線による防空網が整備されると爆撃機の優勢は失われ、この思想は立ち消えた。
超音速戦闘機ミサイルの発達した現代では、迎撃不能な爆撃機は存在し得ない*2

ただし、この時期の航空思想が後年のマルチロールファイターの登場を予言していたと見る向きもある。
迎撃戦闘機撃墜できる爆撃機*3の登場によって、純粋な意味での戦闘機の存在意義が失われたのは事実である。

関連:九六式陸上攻撃機 コンバットボックス Z掃射機

冷戦初期〜ミサイル万能論〜

1940年代後半〜1960年代、ミサイルが実用化されると共に新たな戦闘機不要論が台頭した。
正面戦力としての航空機ミサイルに置換する事を目指す思想――「ミサイル万能論」である。

この思想では、爆撃機弾道ミサイルに、戦闘機地対空ミサイルに置換する事が想定されていた。
実際、地対空ミサイルの開発・配備に伴っていくつかの試作戦闘機が計画を凍結されている。

しかし、その後冷戦が本格していくにつれ、ミサイル万能論は破綻していった。
弾道ミサイルは、相互確証破壊理論の登場による強力な政治的制約がかかって使用が事実上不可能になり、攻撃機爆撃機が再び必要とされるようになった。
地対空ミサイルも(狙われる側からすれば脅威ではあるが)「弾数が少ない」「警告射撃ができない」「ジャミングフレアなどの欺瞞措置で容易に騙される」など、著しく確実性に欠け、現在でも防勢対航空作戦には空対空ミサイルを搭載した戦闘機が不可欠である。

21世紀初頭〜無人機台頭論〜

コンピュータの小型化とそれによる自律制御技術の飛躍的進歩に伴い、現代でも新たな戦闘機不要論が生まれている。
将来的には無人機航空戦の中核となり、パイロットは前線から姿を消す、という未来予想である。

この思想では、エビエーターは機体のコックピットではなく、作戦空域から離れたC4Iの管制施設に操縦席を置く事になると考えられている。
あるいは、機体の操縦や搭載兵器の照準・発射は全て人工知能に制御されたアビオニクスが自律的に行い、人間は事前に行動指針を指示するだけになるかもしれない。

とはいえ、この思想も未だ机上の空論の域を出ていない。
現状の無人機は有人戦闘機との直接対決に耐えうる性能を有していないためである*4

関連:MQ-1


*1 「高密度な編隊(コンバットボックス)を組んで、機関銃の火線を交差させる」「爆撃機の爆弾庫に、爆弾の代わりに機関銃機関砲とそれを操作するガナー及び銃砲弾を多数積んだガンシップを作り、編隊に組み込む」など。
*2 ステルス爆撃機であれば可能ではないか、衛星軌道上や月面上からであれば一方的な爆撃が可能ではないか、など、実現性に目をつぶれば技術革新の可能性はまだ残されているが。
*3 正確に表現すれば「爆撃に転用できる戦闘機」だが、この辺りは単に解釈と分類の問題だろう。
*4 イラク戦争では、人類史上初めて有人機と無人機との空中戦が展開されたが、有人機の勝利に終わっている。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS