【ホーカー800】(ほーかーはっぴゃく)

Hawker 800
アメリカのホーカー・ビーチクラフト社が製造するビジネスジェット機だが、その経緯は少々複雑である。

元々は、イギリスのデハビランド社が開発したDH125に始まるが、製造開始して間もなくデハビランドはホーカーシドレーに吸収され、当機はHS125?と改称される。
ホーカーシドレーで発展型が複数開発されるが、その途中でホーカーシドレーは更にBAeへ吸収される。この際にBAe125シリーズ800が造られる。
さらに時代が下ると、BAeのビジネスジェット部門はアメリカのレイセオン?へ売却され、会社名はレイセオン・ホーカー、機名はレイセオン・ホーカー800となる。
近年では同ビジネスジェット部門が、同じくレイセオン?傘下のレイセオン・ビーチ(旧ビーチクラフト?)とともに買収されて合併し、現在の呼称となった。
上記のように製造元の組織変更が繰り返されて5社を渡り、うち3社で同一の機体が製造されている。

外観上の大きな特徴として、水平尾翼垂直尾翼の中央部に取り付けられている。
機体は全長の割に胴体が広く、乗員2名のほか14人程度までの乗客を乗せることができる。また、ランディングギアはダブルタイヤとなっており、舗装の悪い滑走路にもある程度対応できる。
シリーズ800は原型のDH125に比べ大幅に改良されており、スーパークリティカル翼や曲面風防による空力の改善、グラスコックピット化などが成されている。

日本の航空自衛隊ではBAe125-800の時代に購入しており、これらに改良を加えた飛行点検機をU-125捜索救難機をU-125Aの名称で採用している。

スペックデータ

乗員2名+乗客8〜12名
全長5.60m
全高5.50m
全幅16.50m
空虚重量2,170kg
全備重量7,108kg
エンジンハネウェル TFE731-5BR ターボファン推力4,660lbf)×2基
速度(最大/巡航)448kts(830km/h)/402kts(745km/h)
航続距離4,893
実用上昇限度12,497m

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS