Last-modified: 2016-03-27 (日) 12:36:07 (512d)

【Mk.23】(まーくにじゅうさん)

Heckler & Koch Mk.23 U.S.SOCOM Pistol
ヘッケラー・アンド・コックUSA(ヘッケラー・ウント・コッホの米国法人)が開発した半自動式拳銃
口径.45ACP、装弾数は12+1発。
日本では「ソーコムピストル」として有名である。

アメリカ陸軍が制式拳銃としてM1911A1に代わり、M92FSM9の呼称で採用した。
しかしM9は汎用拳銃としてのバランスには優れていたものの、M1911A1に比べ口径が小さくマンストッピングパワーは減じており、攻撃力を重視する特殊戦闘部隊においては敬遠された。
このため米国の特殊部隊を束ねるSOCOMが、コルト?H&K USA?に対し、高性能の拳銃を競争試作するよう依頼した。

耐久性・耐環境性・命中精度・威力・装弾数など、過酷な要求仕様が提示されたが、これに対しコルト?M1911A1をベースに、H&K USA?USPをベースにした大型拳銃を開発した。
要求を満たすために両者のサイズは肥大化し、再設計を繰り返し要求された結果、辛うじてポリマー樹脂フレームのヘッケラー・アンド・コック?案が採用された。

単なるサイドアームではなく、メインアームとしても遜色なく扱える攻撃的な性格を持った拳銃として、弾薬として.45ACPを使用しながら、P210?に並ぶ高い命中精度を誇った。
操作ミスを防ぐため、マニュアルサムセフティ?デコッキングレバー?が独立しているという珍しい構造をしている。
また銃口に減音器用のネジが切ってあったり、フレーム下部にフラッシュライトやレーザーサイトを装着するためのマウントレールが備えられているなど、拡張性にも配慮されている。

しかし高い信頼性を要求された結果、自動拳銃としてもかなり重く、デザートイーグル?に匹敵する大柄な銃となってしまい、SEALsグリーンベレーデルタフォースなどに配備されたものの広範な採用はされていない。
また、ポリゴナルライフルを採用したことも仇になったとされる。
命中精度や生産性・保守性に優れるとされるが、一方で銃腔内に汚れが付着しやすく、頻繁な清掃を必要とするといわれている。

この銃は特殊部隊向けに開発されたものでありながら、米国では民間市場でも販売されている。
軍用型との違いは、スライドの刻印が軍用型では"Mk.23 USSOCOM PISTOL"となっているのに対し、民間型が"H&K Mark 23"となっていることのみである。
初期は規制のため弾倉装弾数が10発に制限されていたが、後に撤廃され、軍用型と同じ12発となった。
なお減音器は一般市販されていないが、銃口の装着ネジは残されている。

スペックデータ

全長245mm
銃身長149mm
重量1,210g
ライフリング6条ポリゴナル・プロフィール
使用弾薬.45ACP
装弾数12発
作動方式ダブルアクション・ティルトバレル式ショートリコイル
銃口初速270m/s
有効射程50m



トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS