Last-modified: 2014-02-06 (木) 21:31:38 (1203d)

【AGM-122】(えーじーえむひゃくにじゅうに)

AGM-122 SideARM(サイドアーム)
AIM-9C「サイドワインダー」をベースに開発された対レーダーミサイル
名称は、サイドワインダー(Sidewinder)をベースとした対レーダーミサイル(Anti-Radiation Missile)であることから来ている。

在庫として保管されていた旧式のサイドワインダーを、シーカーと信管を交換することにより対レーダーミサイルとして使用できるようになったことから、非常にコスト・パフォーマンスに優れた兵器であった。
アメリカ海兵隊において使用されている。

スペックデータ

全長2.88m
直径12.7cm
翼幅63.5cm
発射重量88.5kg
射程17km
速度マッハ2.2
推進方式固体燃料ロケットモーター
エンジンMk.36 Mod11固体ロケットモーター
弾頭HE 爆風破片弾頭
弾頭重量11kg
誘導方式パッシブレーダー誘導
誘導装置WGU-15/B ジンバル付き広帯域パッシブレーダーシーカー


主なバリエーション

  • AGM-122A:
    在庫として保管されていたAIM-9Cのシーカーと信管を交換したモデル。

  • AGM-122B:
    ロケットモーターの変更による射程距離の延長を始め、さまざまな改良を施した新規生産モデル。
    結局、量産はされなかった。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS