Last-modified: 2015-01-02 (金) 20:23:45 (962d)

【リボルバーカノン】(りぼるばーかのん)

revolver cannon
機関砲の一種で、薬室が回転式拳銃のように複数のシリンダーを束ねた形状になっているもの。
第二次世界大戦末期にマウザー社が開発したMG213が始祖といわれる。

回転式拳銃と異なるのは、回転を発射ガスによっておこなうことと、弾帯からシリンダーに対して連続的に給弾することである。
この仕組みにより、遊底を前後させる通常の機関砲に比べて、格段に速い連射が可能となっている。
連射能力はガトリングガンに劣るものの、同口径のそれに比べて小型軽量という利点がある。
このため多くの戦闘機攻撃機などに装備された。

ただし発射ガスで駆動しているため、不発弾などがあった場合には別途それを取り除く必要があり、特に戦闘機ではそれが致命的な欠点と考えられた。
このため米軍機の機関砲ガトリングガンチェーンガンへと移行していった。
欧州では現在でも、小型軽量・整備の容易さからよく採用される*1

代表的なものに、M39?DEFA?ADEN?BK27などがある。


*1 不発弾が発生しても作戦継続出来るよう、複数砲を設営するのが普通。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS