Last-modified: 2014-04-16 (水) 06:33:05 (1287d)

【ダクテッドファン】(だくてっどふぁん)

Ducted Fan

  1. 推進用ファンに円形の囲いをつけたもの。
    形状が換気扇に似ていることから、その名が付けられた。
    ホバークラフトなどの推進装置として、主に地上での安全性を確保するために用いられる。
    また、ジェット機を模したラジコンにおいて胴体内にプロペラを納めて見た目上、ジェット機のようにした機体もこう呼ばれる。
    ティルトウィング実験機X-22?では4基のダクテッドファンを搭載していた。

  2. ヘリコプターテイルローターを、垂直尾翼に内蔵したもの。
    振動や騒音・抗力などが小さく、地上で危険が少ない、また衝突事故が起こった際の被害が小さいなど、露出型のテイルローターに比べて多数のメリットがある。
    ただしテイルローターとしての推力効率が悪く、ホバリング性能がやや劣るという弱点もある。
    なお、現在の採用機種では静かであるが、日本でも広く使われたアエロスパシアル社のドーファンシリーズの耳障りな高周波音は有名である。

    アエロスパシアル(現エアバス・ヘリコプターズ)SA341ガゼルに初めて採り入れられ、以後多くの同社製ヘリコプターに用いられた。
    長年、アエロスパシアルが特許を持っていたが、近年ではこれが切れたため、他社のヘリコプターにおいても見られるようになった。

    「ダクテッド・テイル・ローター」または「ファンテール」、「フェネストロン」と呼ばれることもある。
    なお「フェネストロン」は、エアバス・ヘリコプターズの商標である。

    oh1duct.jpg
    OH-1のダクテッドファン。ブレードを不規則に配置することにより、騒音を低減している。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS