Last-modified: 2015-11-20 (金) 20:18:38 (702d)

【タラーン】(たらーん)

ロシア語:Таран
戦闘機などによる敵軍の飛行機を対象とした、機体の一部または機体自体を用いた攻撃のこと。
独ソ戦においてソ連軍で多く行われた。

最初の体当たり攻撃は、1914年にロシアのパイロット、ピョートル・ネステロフによって行われた。
彼は自機の主脚をもって敵機への攻撃を行おうとしたが、目測を誤り機体同士が衝突。両機とも墜落しパイロットは死亡した。
結果として命は失われたが、機体の一部を使用し敵機を破壊する行為は、非常に危険でありながらも生還を前提としたものであった。
以降、これはロシア/ソ連で「タラーン戦術」として定着、スペイン内戦、日中戦争の支援時、ノモンハン事変、そして独ソ戦などで行われた。

タラーンには少なくとも3種類の方法があった。
1つ目は、プロペラをもって方向舵を破壊するもの。
技量は必要だが最も安全であり、タラーン後に飛行して帰還するケースも多くあった。

2つ目は、自機の翼で敵機の舵や翼を破壊するもの。
一部を損傷するが、原形をとどめる事は多く、こちらも帰還や不時着が出来る事もあった。

3つ目は、機体ごと相手に体当たりするもの。
上記の2つが行えない状況や、それらに失敗した場合はこれとなる。
非常に危険であり、これを行う場合生存は見込めないとされる。

タラーンはパイロットがとり得る敵機撃墜手段の一つであり、(第二次世界大戦末期の日本軍のように)この攻撃方法の強制や、タラーン専門の部隊が組織されることは無かった。
1944年夏にタラーンの禁止令が公布されたが、これ以降もタラーンは行われている。

独ソ戦における最後のタラーンは、アレクサンドル・L・コレスニコフによって行われた。
1945年4月20日、彼は偵察機の護衛機として出撃、その護衛対象を守る為タラーンを敢行し戦死した。

複数回タラーンを行ったパイロットは数十名おり、中でもボリス・コブザンは最多となる4回のタラーンに成功している。
他に1つの空戦中に2回のタラーンを行ったパイロットも存在する。

独ソ戦におけるタラーンの件数は500を超えるが、そのうち無事基地へ帰還・不時着したものは233機で、パラシュートで脱出したものは176機、死亡が216機、行方不明が11機となっている。
この統計によると、タラーンの生還率は64%となっており、生還は必ずしも絶望的ではなかったと言える。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS