Last-modified: 2016-07-23 (土) 18:25:04 (305d)

【シングルアクション】(しんぐるあくしょん)

Single action.
拳銃の引き金と撃鉄に関する構造上の分類の一つ。
発射の際、薬莢を叩いた撃鉄がそのままの位置で停止し、発射前の定位置に戻らないもの。
引き金を引いた時の機械的動作が一つ(シングル)である事からこう呼ばれる。

これに対し、次弾発射のために撃鉄を再度引き起こす動作まで自動で行うものをダブルアクションと呼ぶ。

ダブルアクションよりも機構が単純なため引き金が軽く、暴発を引き起こしやすい。
その反面、引き金が軽いために手に余分な力が加わらず、筋肉の動きで銃身がブレることがないため命中精度は高い。
こうした特性から、軍隊・法執行機関などのプロユースではダブルアクションが、射撃競技や狙撃任務ではシングルアクションが優れている。
近年の拳銃は、シングルアクションとダブルアクションを切り替えられるように設計される事も多い。

回転式拳銃における欠点

回転式拳銃にシングルアクションを採用した場合、射手は一発撃つごとに手で撃鉄を引き起こさなければならない。
これによって発射手順が煩雑になって時間がかかり、銃撃戦への対応能力が著しく低下する。
一対一の単純な決闘であれば、「ファニング」*1などの技術で多少は補えるものの、戦場では致命的な弱点であった事は否めない。
このためダブルアクションの発明以降、シングルアクションの回転式拳銃はほとんど見られなくなった。

一方で半自動式拳銃の場合、シングルアクションであっても特に即応性は低下しない。
遊底の後退と同時に撃鉄も引き起こされるため、撃鉄を改めて引き起こす必要がないためである。


*1 引き金を指や針金などで固定し、逆手で撃鉄を扇ぐようにして連射するテクニック。
  正確に狙いが付けるのが難しく、速度と命中精度を両立させようとするのは下手な曲芸より難しい。


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS