Last-modified: 2015-09-09 (水) 20:36:33 (560d)

【インメルマンターン】(いんめるまんたーん)

戦闘機マニューバーの一種。
水平飛行の状態から機首を上に向けて180度宙返りし、背面飛行状態から横方向に180度スピンして水平飛行に戻す操作。
すれ違った敵を追跡する場合などに、高度を上昇させつつ後方に振り返る事を企図する。

正面から向かい合った状態で会敵した場合、初手で敵機を撃墜できなければ互いに「すれ違う」事になる。
そこから本格的にドッグファイトが始まり、いかに素早く敵機の方に向き直れるかが勝敗を決する事態となる。

第一次世界大戦時のドイツ空軍エースパイロットであるマックス・インメルマンの得意技として名を知られた。
ただし、当時の非力なエンジンでは垂直上昇が難しく、当時のインメルマンターンは現代の分類ではシャンデルと呼ばれるものに近い。

関連:スプリットS


トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS