Last-modified: 2017-02-05 (日) 12:36:09 (257d)

【アメリカ連邦航空局】(あめりかれんぽうこうくうきょく)

Federal Aviation Administration(FAA)

アメリカ合衆国において、航空機材・空港航空管制などの監督を行う連邦政府の組織。

1956年に発生した「グランドキャニオン空中衝突事故*1」を機に1958年に連邦航空法が制定された際、前身である「連邦航空局 (FAA, Federal Aviation Agency)」 が設立。
その後、1967年に運輸省が設立された時、連邦航空局は同省に組み込まれ、現在の名前になった。
主な業務は航空管制業務、民間航空機の安全性向上(航空機の設計、乗員の訓練、機体の整備計画)、民間航空技術の開発支援、民間及び国家宇宙航空に関する技術開発。

なお、同局にはFAAの他にFAA-AST (Administrator for Commercial Space Transportation) と呼ばれるロケット・人工衛星を扱う部門がある。


*1 グランドキャニオン上空でトランスワールド航空TWA002便(L-1049「スーパーコンステレーション」機体記号:N6902C)とユナイテッド航空UA718便(DC-7・機体記号:N6324C)が空中衝突・墜落し、両機に乗っていた乗員乗客合わせて128人全員が死亡した事故。

トップ 編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS