*&ruby(えふじゅうご){【F-15】}; [#j1e1ed58]
McDonnell Douglas F-15 &ruby(イーグル){Eagle};~
McDonnell Douglas F-15 &ruby(イーグル){Eagle};.~
[[マクダネル・ダグラス]]社が1970年代に開発した大型の[[制空戦闘機]]。~
~
設計コンセプトは「あらゆる状況下で、どんな敵機にも勝利できる、完璧なる[[制空戦闘機]](Air Superiority Fighter)」((開発チームには「1ドルたりとも制空以外の能力に金をかけてはならない」という指示が出ていた、という話も伝わっている。))。~
その設計思想の通り、2003年時点で101機の[[航空機]]を[[撃墜]]し、空対空戦闘における損害は未だ発生していない。

>[[DACT]]では何度か撃墜と判定されており、精鋭[[パイロット>エビエーター]]の自慢話の種になったという。

[[アメリカ空軍]]では[[F-86]]以来の純粋な[[制空戦闘機]]として、1973年に初飛行。~
[[ミサイル万能論]]の弊害で失われた[[空中戦機動>ドッグファイト]]能力と、当時としては飛びぬけた[[目視外射程]]戦闘能力をもってデビューした。~
また、世界で初めて[[推力重量比]]が1を超える強力な[[エンジン]]を装備、記録挑戦用の機体「[[ストリークイーグル]]」は数々の世界記録を打ち立てた。~
~
さすがに旧式化して久しいものの、近代化改修は続いており、最新の[[マルチロールファイター]]とも同等以上に渡り合えるという。~
1999年には実用[[戦闘機]]として初めて[[アクティブフェイズドアレイレーダー>フェイズドアレイレーダー]]を搭載している((APG-63 (V) 2 AESA、およびAPG-63 (V) 3。))。~
~
関連:[[ストリークイーグル]] [[F-15E]]~
~
**欠点 [#l7627990]
F-15は20世紀最高の[[戦闘機]]とも評される傑作機だが、大きな欠点が一つだけある。~
それは値段である。~
~
強力な[[エンジン]]、高性能[[レーダー]]、機体の25%以上を占める[[チタニウム]]構造材など、性能と引き替えにコストが増大。~
[[ローンチカスタマー]]の[[アメリカ空軍]]ですら、予算超過で必要数を揃えられなくなるという事態に陥ってしまった。

>この問題を解決するために「低価格戦闘機計画([[LCF]])」が立案され、[[F-16]]が開発された。~
また、[[アメリカ海軍]]の[[艦載機]]としては採用されず、コンペティションでF-16に敗れたYF-17が[[F/A-18]]として採用された。

この理由から、国外輸出でも[[航空自衛隊]]、[[イスラエル軍]]、サウジアラビア軍などごく一部の国の[[空軍]]しか採用しなかった。~
しかし、長く使われ続けたため2004年現在で既に1,500機以上が生産されており、量産効果によって次第にコストが低減されている。~
後継機種[[F-22]]が禁輸されていた事もあり、後に韓国(F-15K)・シンガポール(F-15SG)にも採用されることとなった。~

&ref(F-15.jpg);~
Photo: USAF  F-15E
~
**スペックデータ[#c093af24]
|>|CENTER:''F-15C''|
|乗員|1名|
|全長|19.43m|
|全高|5.64m|
|翼幅|13.06m|
|翼面積|56.5|
|空虚重量|12,701kg|
|総重量|20,185kg|
|離陸重量|20,245kg([[増槽]]なし、[[AAM>空対空ミサイル]]×4)/30,844kg(最大)|
|燃料容量|6,103kg(機体内)|
|最大兵装搭載量|10,705kg|
|[[エンジン]]|[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[F100-PW-100 or -220>F100]][[ターボファン]]×2基&br;P&W F100-PW-220Eターボファン×2基(MSIP-1改修)|
|エンジン[[推力]]|64.9kN/14,590lbf([[ドライ>ミリタリー推力]])&br;105.7kN/23,770lbf([[A/B>アフターバーナー]]使用時、F100-PW-220)&br;106.4kN/23,920lbf(A/B時、F100-PW-100)|
|最大速度&br;(高空/低空)|[[マッハ]]2.5+/マッハ1.2|
|巡航速度|マッハ0.9|
|[[戦闘行動半径]]|1,965km(阻止ミッション時)|
|[[フェリー>回航]][[航続距離]]|5,600km(CFT+[[増槽]]×3基使用時)|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|20,000m|
|海面[[上昇率]]|250m/s|
|[[翼面荷重]]|357kg/|
|[[推力重量比]]|1.07(F100-PW-220)&br;1.26(積載重量と機体内燃料50%時)|
|[[G]]限界|+9G|
|固定武装|[[M61A1 20mmバルカン砲>M61A1]]×1門(装弾数940発)|
|>|CENTER:兵装|
|[[ハードポイント]]|計11ヶ所(CFT除く)に7,300kgまでの兵装を搭載可能|
|[[AAM>空対空ミサイル]]|[[AIM-7「スパロー」>AIM-7]]×4発&br;[[AIM-9「サイドワインダー」>AIM-9]]×4発&br;[[AIM-120「AMRAAM」>AIM-120]]×8発|
|爆弾類|※以下、2、5、8ステーション(増槽搭載用)あたりの搭載数を記載。&br;[[Mk.80シリーズ]](Mk.81、Mk.82×6発、Mk.83、Mk.84×1発)&br;Mk.84[[誘導爆弾]]([[レーザー]]、EO、[[IR>赤外線]])×1発&br;BLU-27B/B[[焼夷弾]](フィンあり/なし)×3発&br;[[クラスター爆弾]]各種:&br;CBU-24B/B&br;CBU-42/A×3発&br;CBU-49/A・CBU-57B/B・CBU-58/B・CBU-2471/B・Mk.20「ロックアイ」×各4発|
|その他兵装|600 USGal(2,300L)[[増槽]]×3基&br;MXU-648 カーゴ/[[トラベルポッド]]&br;[[AN/ALQ-131]][[ECM]][[ポッド]]&br;「タロンヘイト」[[データリンク]]ポッド&br;[[AN/AAQ-33]]照準ポッド(空軍州兵向け)等|
|[[アビオニクス]]|[[JHMCS]]&br;AN/APG-63[[火器管制>火器管制装置]][[レーダー]]&br;AN/APG-63(V)1 火器管制レーダー(MSIP-1/2改修)&br;AN/APG-70 [[火器管制>火器管制装置]][[レーダー]](MSIP-2「エンハンズドイーグル」改修)&br;AN/APG-63(V)2 [[AESA]](MSIP-2(アメリカ空軍第3航空団配備のF-15C/D))&br;AN/APG-63(V)3 AESA(「ゴールデンイーグル」改修)&br;AN/APX-76またはAN/APX-119 [[敵味方識別装置]]&br;[[戦術電子戦システム(TEWS)>TEWS]]&br;・AN/ALQ-128電子戦警戒装置(EWWS((Electronic Warfare Warning Set.)))&br;・AN/ALR-56[[レーダー警報受信機(RWR)>レーダー警戒受信機]]&br;・AN/ALQ-135 内蔵式電波妨害装置(ICS((Internal Countermeasures System.)))&br;・AN/ALE-45[[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサー|
~
|>|CENTER:''F-15J/DJ''|
|乗員|1名(J型)/2名(DJ型)|
|全長|19.4m|
|全高|5.6m|
|翼幅|13.1m|
|翼面積|56.5|
|空虚重量|12,973kg|
|最大離陸重量|30,845kg|
|エンジン|[[P&W>プラット&ホイットニー]]/[[石川島播磨>IHI]] F100-IHI-100(及びF100-IHI-220E)ターボファン×2基|
|[[推力]]|[[ドライ推力>ミリタリー推力]]:6,620kg(14,600lb)&br;[[アフターバーナー]]使用時:10,800kg(23,800lb)|
|速度&br;(最大/巡航)|M2.5/M0.9|
|[[航続距離]]&br;(フェリー/増槽)|3,450km/4,630km|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|19,000m|
|[[戦闘行動半径]]|1,900km|
|固定武装|JM61A1 20mmバルカン砲×1門(装弾数940発)|
|>|CENTER:兵装|
|短射程AAM|[[AIM-9L「サイドワインダー」>AIM-9]]&br;[[90式空対空誘導弾(AAM-3)>90式空対空誘導弾]]&br;[[04式空対空誘導弾(AAM-5)>04式空対空誘導弾]](改修機対応)|
|中射程AAM|[[AIM-7F/M「スパロー」>AIM-7]]&br;[[AIM-120「AMRAAM」>AIM-120]](改修機対応(試験運用))&br;[[99式空対空誘導弾(AAM-4)/99式空対空誘導弾(B)(AAM-4B)>99式空対空誘導弾]](改修機対応)|
|爆弾類|Mk.82 500lb通常爆弾|
|>|CENTER:[[アビオニクス]]|
|[[HUD]]|AN/AVQ-20 ヘッドアップディスプレイ|
|[[レーダー]]|AN/APG-63 [[火器管制レーダー>火器管制装置]]&br;AN/APG-63(V)1 火器管制レーダー(改修機)|
|無線・航法装置|AN/ARC-182 [[UHF]]/[[VHF]]無線機&br;AN/ARN-118(V) [[戦術航法装置]]&br;[[AN/ASN-109]] [[慣性航法装置]]|
|[[データリンク]]|[[J/ASW-10]]データリンク装置|
|[[IFF>敵味方識別装置]]|AN/APX-101(V) IFF応答装置&br;AN/APX-76A(V) IFF質問装置|
|火器管制セット|AN/AWG-20 プログラム可能兵装制御セット(PACS)(J-MSIP機)&br;AN/AWG-27 PACS(改修機)|
|[[電子戦]]装備|J/TEWS&br;[[J/APR-4/-4A/-4B>J/APR-4]] レーダー警戒装置&br;[[J/ALQ-8]] 機上電波妨害装置&br;AN/ALE-45J [[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサー&br;[[J/APQ-1]] 後方警戒装置&br;&br;統合電子戦システム(改修機) &br;[[J/APR-4A/-4B>J/APR-4]] レーダー警戒装置&br;[[J/ALQ-8B>J/ALQ-8]] 機上電波妨害装置&br;[[J/APQ-1]] 後方警戒装置&br;AN/ALE-47 チャフ・フレアディスペンサー|


**バリエーション[#c093af24]
※[[F-15E]]系列については該当項目を参照。~
~
-基本型
--YF-15A カテゴリーI:~
--YF-15A カテゴリー機~
F-15試作機。~
~
--YF-15A カテゴリーII:~
--YF-15A カテゴリー供~
F-15全規模開発(FSD)機。~
~
--[[ストリークイーグル]]:~
原型機を改修した記録挑戦用の特別仕様機。詳しくは項を参照。~
~
--TF-15A(→F-15B):~
F-15試作機の複座型。~
~
--F-15A(384機):~
初期単座型。~
C/D型導入後は戦術訓練航空団等の教育・訓練部隊に配備されている。~
~
--F-15B(TF-15A)(61機):~
A型の複座量産型。~
主に機種転換訓練用だが実戦にも対応している。~
内蔵電子妨害装置を省略し、内部燃料タンクを小型化して後部座席を設置。~
操縦システムはそれぞれに独立した系統を持っているため、後席からの操縦も可能。~
ただし、[[レーダー]]や[[エンジン]]始動関連のパネル、兵装操作パネルなどは無い。~
~
--F-15A/B「バズ」(38機(A型)/6機(B型)):~
[[ピースフォックス]]計画で導入されたイスラエル向けA/B型。~
C/D型相当に改修され、CFTや国産[[AAM>空対空ミサイル]]である[[パイソン3]]の運用能力が追加されている。~
また、TEWSの輸出を認められなかったため、[[AN/ALQ-119(V)>AN/ALQ-119]]およびエルタAL/L-8202[[ジャミング]][[ポッド]]、[[AN/ALQ-132]][[フレア]]ポッドを装備している。~
~
--F-15「バズ2000(バズメショパー)」:~
1995年に開始された近代化改修プログラム。C/D型(アケフ)にも適用されている。~
主な改修点として、[[MIL-STD-1553B>MIL-STD-1553]]及びMIL-STD-1760データバスの装備、AN/APG-63(V)1レーダーへの換装、セントラルコンピュータ(F-15Iと同じもの)の換装、[[HOTAS]]概念の導入、[[INS>慣性航法装置]]/[[GPS>全地球測位装置]]航法装置や新型電子戦システムの追加、[[AIM-120]]及びダービー、[[パイソン4]]/[[5>パイソン5]]AAM、DASHヘルメット[[キューイング]]システムの装備などの改修を行っている。~
また、空対地攻撃能力が拡大されており、[[JDAM]]、[[GBU-15]]、[[ポップアイ]][[誘導爆弾]]及び[[スパイス]][[空対地ミサイル]]の運用能力が付加されている。~
後に、レーダーの改良や胴体の強化、衛星通信用のSATCOMアンテナの追加、EL/L-8222[[ジャミング]][[ポッド]]や[[JDAM]]への対応、[[UAV>無人機]]の管制能力が追加された。~
~
--F-15C(483機):~
燃料搭載量などが向上した改良型で現在の主力モデル。~
機内燃料の増加やコンフォーマル・パレット搭載のための内部配管の追加、重量増対策としてのタイヤとブレーキの強化が行われている。~
[[アビオニクス]]も改良が行われ、セントラルコンピュータが換装され、[[AN/APG-63]][[レーダー]]にプログラム可能デジタルシグナルプロセッサ(PSP)が組み込まれ、[[TWS]]能力がサポートされた。~
また、過荷重警報システムの搭載により9[[G]]での機動が可能となった((それまでは7.3Gに制限されていた。))。~
~
--F-15D(92機):~
F-15Cの複座型。~
B型同様教育・訓練用だが、実戦にも対応し、FAST PACK搭載能力を持つ。~
~
--F-15C/D「アケフ」(16機(C型)/11機(D型)):~
イスラエル向けC/D型。~
仕様はA/B型と同様である。~
~
--F-15G:~
ギリシャ提案型。~
同国は[[タイフーン]]を採用したため実現せず。~
同国は[[タイフーン>ユーロファイター・タイフーン]]を採用したため実現せず。~
~
--[[F-15J>F15J]](165機):~
C型の日本向けモデル。[[三菱重工業]]による[[ライセンス生産]]。~
戦術電子戦システム(TEWS)が貿易規制により提供されなかったため、当該機器は「J/TEWS」として日本で独自開発された。~
J/TEWSは国産の[[J/ALQ-8]]電波妨害装置と[[J/APR-4]][[レーダー警戒受信機]]、ライセンス生産のAN/ALE-45J射出型妨害装置([[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサー)で構成されている。~
独自装備の一つとして、日立製作所製の「[[J/ASW-10]]」と呼ばれる[[BADGEシステム>バッジシステム]]に連接して時分割データを受信する専用通信システムを持つ。~
~
--F-15DJ(48機):~
F-15Jの複座型。~
主に教育訓練用に使用している他、[[飛行教導群]]でも[[アグレッサー]]として運用している。~
~
--RF-15:~
プロトタイプF-15E(複座型原型2号機:71-0291)の機体を改修した[[偵察機]]型デモンストレーター。~
偵察用のFAST PACKを装備する。~
~
-実験機
--F-15S/MTD((Short take-off and landing/Maneuvering Technology Demonstrator(短距離離着陸/機動技術デモンストレーター)の略。)):~
「アジャイル・イーグル・プロジェクト」という滑走路が破壊された場合を想定しての、[[STOL]]研究実験機。~
F-15Bに2次元スラスト・ベクタリング/[[スラスト・リバーシング>逆噴射装置]]排気ノズル(2D TV/TR)や未舗装地運用可能な[[降着装置]]等を装備した。~
後に高[[迎え角]]時の円滑な飛行制御と30ktの横風状態での着陸のためにF/A-18の水平尾翼を[[カナード>先尾翼]]として取り付けられた。~
計画終了後、本機は1993年に[[NASA]]へと移管された。~
~
--F-15B ACTIVE((Advanced Control Technology for Integrated Vehicles(先進制御技術統合航空機)の略。)):~
主に超音速時における推力偏向の研究用として、[[NASA]]で運用されている機体。~
F-15S/MTDのエンジンを[[F100-PW-229>F100]]に換装し、Su-37のような新型の三次元推力偏向ノズル(PYBBN)を搭載、制御ソフトウェア等も一新されている。~
~
--F-15 IFCS:~
「知的飛行制御システム(IFCS((Intelligent Flight Control System.)))」の開発計画「ニューラルネットワークプロジェクト」の際に改められた名称。~
2005年より改修したF-15にシステムを搭載して実験を行い、2007年に研究を終了した。~
~
--F-15B SBRDC/ECANS:~
宇宙開発通信及び航法システム(ECANS)プログラムの一環として行われた、「宇宙配備計測デモンストレーション及び認定」(SBRDC)の研究の際に改められた名称。~
~
--F-15 MANX:~
F-15 ACTIVEから尾翼を取り外したタイプ。実際に製作される事はなかった。~
~
-構想・計画のみ
--F-15N「シーイーグル(Sea Eagle)」:~
[[アメリカ海軍]]向けとして提案されたモデル。~
[[F-14]]の空軍型に対抗する[[艦上戦闘機]]として海軍に提案された。~
[[AIM-54]]の運用能力を持ち、主翼の折り畳み機構や[[着艦フック>アレスティングフック]]を有する。~
[[F-14]]が試験飛行段階であった事により構想のみに終わった。~
~
--F-15X「スーパーイーグル」:~
[[ATF]]の代替案として提案された型。計画のみ。~
機体を空力的に若干洗練し、搭載する電子機器類を最新のものにするとされていた。~
~
--F-15XX:~
前述のF-15Xを更に洗練したもの。計画のみ。~
低観測性技術を取り入れ、主翼面積を増積(62.2〜63.2屐砲靴撞‘粟の向上を図り、電子機器は通信・航法・識別電子機器(ICNIA((Integrated Communication Navigation and Identification Avionics.)))と統合電子戦システム(INEWS((Integrated Electronics Warfare System.)))を搭載した。~
搭載エンジンはYF119-PW-100または[[GE>ジェネラルエレクトリック]] [[F100]]の改良型にするとした。~
~
--F-15 2040C:~
米空軍がF-15を2040年代まで延長使用する場合の改修プランとして、[[ボーイング社>ボーイング]]が提案したミサイルキャリアー仕様。~
APG-63(V)3 AESAレーダーやIRSTの搭載、コンフォーマル燃料タンク(CFT)の標準装備化や機体寿命の延長等の措置を施し、CFT装備で空白になるドロップタンクの[[ハードポイント]]やCFTのハードポイントを利用して、ミサイル発射装置を改良することで空対空ミサイル搭載数を16発まで増加させる。~
また、ミサイルラックを使用することにより[[AAM>空対空ミサイル]]×22発、[[SDB>GBU-39]]×28発を同時搭載可能。~
飛行時間が長く[[F-15E]]、[[F-16]]、および[[A-10]]などのように2030年まで維持できるだけの寿命がないこと、コストの増加などで新造したほうが安上がりだったことにより廃案となった。~
~

IP:153.190.174.16 TIME:"2019-12-05 (木) 17:56:09" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/78.0.3904.108 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS