*&ruby(しーいち){【C-1】}; [#i4a1e89e]
+グラマンC-1"&ruby(トレーダー){Trader};"~
[[アメリカ海軍]]が運用していた[[艦上輸送機>輸送機]]。旧呼称TF-1。~
主に、COD((Carrier Onboard Delivery:基地〜空母間連絡輸送。))を行う艦上輸送機として運用された。~
+[[グラマン]]C-1"&ruby(トレーダー){Trader};"~
詳しくは[[C-1(アメリカ)]]の項を参照。~
~
当時、海軍は[[A-1「スカイレーダー」>A-1]]ベースの艦上輸送機型であるAD-5RをCOD任務に使用していたが、搭載容量が900kgと少なく、運用に苦労していたため、[[艦載機]]としては大型で、転用も容易であった[[S-2「トラッカー」>S-2]][[対潜哨戒機]]をベースに開発された。~
~
機体は輸送用に胴体を再設計した以外はほぼS2F-2と同様である。~
専用のカーゴドアを装備していないため大型貨物の搭載には難があるものの、約1.6tの貨物搭載能力を持つほか、座席を設置し9名の人員を輸送することもできる。~
~
最終的にC-1・87機、EC-1A・4機が製造され、[[ベトナム戦争]]で洋上に展開する[[空母>航空母艦]]への補給に活躍した。~
後継機である[[C-2「グレイハウンド」>C-2]]艦上輸送機の生産開始後も、空母での運用は1980年代後半まで続けられ、1988年9月に全機が退役した。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|乗員|2名+兵員9名|
|全長|13.8m|
|全高|5.1m|
|全幅|22.1m|
|主翼面積|46.3|
|空虚重量|9,359kg|
|最大離陸重量|12,063kg|
|[[エンジン]]|ライト[[R-1820-82WA>R-1820]][[空冷>空冷エンジン]]星形9気筒([[推力]]1,137kW)×2基|
|速度&br;(最大/巡航)|197kt/141kt|
|海面[[上昇率]]|341m/min|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|4,815m|
|[[航続距離]]|870nm|
~
【バリエーション】~
--C-1(TF-1):~
量産型。87機製造。~
~
--EC-1A(TF-1Q):~
電子偵察・妨害型。~
~
--TF-1W:~
[[E-1]][[早期警戒機]]開発に使用された空力試験機。~
ダミーの[[レーダードーム>レドーム]]の設置や尾翼の改造を行っている。~
~
--C-1T:~
ブラジル海軍で2012年に再就役した際の名称。~
エンジンをTP331[[ターボプロップ]]への換装、電子機器の近代化などの改修が施されている。~
~
+川崎C-1~
詳しくは[[C-1(日本)]]の項を参照。

IP:153.190.174.16 TIME:"2019-08-24 (土) 17:08:58" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/76.0.3809.100 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS