*&ruby(びーえむぴーてぃー){【BMP-T】}; [#xbdb7ea5]
&ruby(Boyevaya){Боевая}; &ruby(Mashina){Машина}; &ruby(Podderzhki){Поддержки }; - &ruby(Tankov){Танков}; (露)~
~
「戦車支援戦闘車」と称されるロシア連邦で開発された新規格の支援戦闘車両。~
運用コンセプトとしては旧大戦時代の[[装輪装甲車>APC]]や[[軽戦車]]、[[歩兵戦闘車]]などの任務((ただし、[[装甲兵員輸送車]]や[[歩兵戦闘車]]とは異なり、[[歩兵]]搭載能力を持たない。))を単一車種にまとめたもので、市街地での掃討戦のほか[[主力戦車]]の戦闘支援に投入される。~
「戦車支援戦闘車」と称されるロシア連邦で開発された新基軸の支援戦闘車両。~
運用コンセプトとしては旧大戦時代の[[装輪装甲車>APC]]や[[軽戦車]]、[[歩兵戦闘車]]などの任務((ただし[[歩兵戦闘車]]や[[装甲兵員輸送車]]とは異なり、[[歩兵]]搭載能力を持たない。))を単一車種にまとめたもので、市街地における掃討戦のほか、[[主力戦車]]の戦闘支援といった前線支援任務に投入される。~
~
1990年代半ばの第一次チェチェン紛争より「現代の市街地戦では対人掃討専門の戦闘車両が必要」との戦訓を経て開発が開始された。~
2000年のウラル兵器展示会2000で公表され、2005年に配備が開始された。~
しかし、ロシア軍の[[機甲部隊]]が[[予算問題>金の壁]]から方針を転換、2010年に調達が終了してしまった。~
~
[[主力戦車]]と帯同して[[索敵>偵察]]を行い、[[主力戦車]]での対処が困難な[[アンブッシュ]]に対処する事を目的とする。~
対[[ゲリラ戦]]、特に市街地で建物やバリケード陣地から[[RPG]]などの簡易対戦車兵器で攻撃してくる敵を想定している。~
敵[[機甲部隊]]との直接交戦も考慮されているが、反撃は僚機の[[主力戦車]]と連携する前提で、単独で[[主力戦車]]に互するものではない。~
第二次チェチェン紛争では搭載兵装の取れる射角の広さから、歩兵支援車両として市街戦における対人掃討戦闘に活用された。~
対[[ゲリラ戦]]、特に市街地で建物やバリケード陣地から[[RPG]]などの簡易対戦車兵器で攻撃してくる敵の駆除が主任務となる。~
敵[[機甲部隊]]との直接交戦も考慮されているが、基本は僚機である[[主力戦車]]と連携して反撃する事が前提となっており、[[主力戦車]]との単独交戦は想定されていない。~
第二次チェチェン紛争では搭載兵装の取れる射角の広さから、攻略した市街地での対人掃討戦闘に投入された。~
~
車体は旧式化した[[T-72]]を[[T-90]]に準じて改修したもので、[[砲塔]]の武装以外は[[主力戦車]]と見分けが付かない。~
車体後面に対[[成形炸薬弾]]用の[[スラット装甲]]を、車体前面/側面に[[爆発反応装甲]]ブロックを追加。~
その上に新設計の台座型無人[[砲塔]]を搭載し、操作は低い乗員区画内から行われる。~
車体は旧式化した[[T-72]]を[[T-90]]に準じて改修したものを採用しており、武装以外は[[主力戦車]]とほとんど見分けが付かない。~
車体後面に対[[成形炸薬弾]]用の[[スラット装甲]]、車体前面/側面に[[爆発反応装甲]]ブロックが追加されているのが特徴。~
車体及び[[砲塔]]は完全な与圧式[[NBC>NBC兵器]]防護装置を備え、NBC環境下でも行動可能である。~
~
無人の台座型[[砲塔]]に2A42 30mm[[機関砲]]を2連装、副武装として機関砲収納部上部にPKT 7.62mm[[軽機関銃]]を装備している。~
積載されている[[砲塔]]は新設計の台座型無人砲塔で、車内の乗員区画から遠隔操作する。~
主兵装には2A42 30mm[[機関砲]]を2連装のほか、副兵装として機関砲収納部上部にPKT 7.62mm[[軽機関銃]]を装備している。~
[[砲塔]]側面には9M133「コルネット((金管楽器のコルネットの意。))」[[対戦車ミサイル]]連装発射機を装備。~
車体中央部左右の装甲箱にはAGS-30またはAGS-17・30mm[[自動擲弾筒>擲弾発射器]]が装備されている。~
これらの火器は高度な[[火器管制装置]]に制御され、高い[[行進間射撃]]能力を持つ。

>兵器ショーや公開演習において、[[砲塔]]を一定の方向に向けたまま360度の[[超信地旋回]]を行うという高度な機動を実証している。
>兵器ショーや公開演習において、[[砲塔]]を一定の方向に向けたまま360度の[[超信地旋回]]を行うなど、非常に高度な機動を実証している。

開発開始時期は不明だが、1990年代中盤の第一次チェチェン紛争を契機に開発されたものと推定されている。~
2000年にウラル兵器展示会2000で公表され、2005年に配備が開始された。~
その後、ロシア軍の[[機甲部隊]]が[[予算問題>金の壁]]から方針を転換し、2010年に調達が終了している。~
~
関連:[[BTR-T]]

**スペックデータ [#ic2b3f12]
|乗員|5名(車長・砲手・操縦手・観測手兼射手)|
|全長|6.95m|
|全高|2.1m|
|全幅|3.59m|
|戦闘重量|47t|
|[[エンジン]]|V-92S2 V型12気筒[[液冷>液冷エンジン]][[ターボチャージ>ターボチャージャー]]ド[[ディーゼル>ディーゼルエンジン]](出力1,000hp)|
|登坂力|60%|
|超堤高|0.85m|
|超壕幅|2.8m|
|最大速度|65km/h(路上)|
|[[行動距離>航続距離]]|550km|
|兵装|2A42 30mm機関砲×2門(弾数900発)&br;AGS-17/AGS-30 30mm自動擲弾発射機×2基(弾数600発)&br;9M120「アターカ」(AT-9「スパイラル-2」)[[対戦車ミサイル]]連装発射機×2基(ミサイル4発)&br;PKT 7.62mm機関銃×1挺(2,000発)|
~

IP:121.2.241.154 TIME:"2017-08-29 (火) 22:23:53" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 10.0; Windows NT 6.1; Trident/6.0)"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS