*&ruby(びーにじゅうく){【B-29】}; [#u4c9b888]
Boeing B-29 &ruby(スーパーフォートレス){Super Fortress};~
Boeing B-29 "&ruby(スーパーフォートレス){Super Fortress};"~
~
[[ボーイング]]が開発した、[[アメリカ陸軍航空隊>USAAF]]→[[空軍>アメリカ空軍]]の[[四発>多発機]]大型[[爆撃機]]。~
~
全与圧の胴体で、エンジンには[[排気タービン]]を装備しており、極めて高高度性能に優れていた。~
防御武装も強力で、20mm[[機関砲]]と12.7mm[[機関銃]]を多数装備していた他、主翼内の燃料タンクにもゴムの内張りを施し、機銃弾が命中しても容易に発火しにくくなっていた。~
また一部の機体には、[[AN/APQ-13]]爆撃[[レーダー]]が前後の[[爆弾倉>ウェポンベイ]]の間に搭載されていた。~
~
[[B-17]]、[[B-24]]の後継として1940年から開発が始まり、1942年に[[初飛行]]した。~
1943年に、太平洋戦線への投入が決定。~
1944年の終わりごろからマリアナ諸島に配備され、日本本土への攻撃を行った。~
~
初期には[[軍需施設>軍事目標]]への爆撃を行っていたが、次第に日本中の都市を無差別爆撃するようになり、日本の大都市の殆どが壊滅した。~
また、空中投下[[機雷]]による関門海峡などの主要な港湾や海峡への海上封鎖も行われた。~
そして1945年8月には[[原子爆弾]]の投下母機ともなり、日本の敗北を決定付けた。~
~
日本の[[戦闘機]]は高高度性能が低いながらも迎撃を行い、それなりの成果を出していたが、[[硫黄島]]陥落後は[[P-51]]が随伴したため迎撃は殆ど不可能になってしまった。~
低高度から無差別爆撃をしていた時には、戦闘機よりも[[高射砲]]による損害が多いこともあった。~
~
本機はその優れた性能を活かして、改良型の[[B-50]]と共に[[朝鮮戦争]]でも使用された((後継となる[[B-36]]や[[B-47]]は、[[核兵器]]による[[戦略哨戒]]任務に充てられたため、朝鮮戦争には出動しなかった。))が、既に[[戦闘機]]は[[MiG-15]]等のジェット世代であり、損害も多かった。~
その後、[[B-52]]の実戦配備に伴って退役した。~
~
また、[[第二次世界大戦]]後に[[重爆撃機>戦略爆撃機]]が不足していた[[英空軍>RAF]]が「ワシントン」の制式名称で借用していた他、初期に日本軍との戦闘で被弾してソ連領内に不時着した機体が[[デッドコピー]]され、「ツポレフ[[Tu-4]]」となっている。~
また、[[第二次世界大戦]]後に[[重爆撃機>戦略爆撃機]]が不足していた[[英空軍>RAF]]が「ワシントン」の制式名称で借用していた他、初期に日本軍との戦闘で被弾してソ連領内に不時着した機体が[[デッドコピー]]され、「[[ツポレフ]][[Tu-4]]」となっている。~
~
関連:[[五式15cm高射砲]] [[B-50]]

**スペックデータ [#xadb40c9]
|主製造社|[[ボーイング]]、[[ベル・エアクラフト]]、[[マーティン・エアクラフト>マーチン]]|
|乗員|11名&br;([[パイロット>エビエーター]]、[[コパイロット>副機長]]、爆撃手、[[航空機関士]]、[[ナビゲーター>航法員]]、無線オペレーター、&br;[[レーダー]]オブザーバー、左右[[銃手>ガナー]]、中央火器管制手、尾部銃手)|
|全長|30.18m|
|全高|8.46m|
|翼幅|43.05m|
|翼面積|161.3|
|アスペクト比|11.5|
|翼型|主翼根:Boeing 117(22%)&br;主翼端:Boeing 117(9%)|
|零揚抗力係数|0.0241|
|前面面積|3.824|
|空虚重量|33,793kg|
|総重量|54,431kg|
|最大離陸重量|60,555kg&br;61,000kg(戦闘過負荷)|
|[[発動機>エンジン]]|[[ライト>カーチス・ライト]] [[R-3350-57「デュプレックスサイクロン」>R-3350]][[ターボ>過給器]][[スーパーチャージャー]]付き&br;[[空冷>空冷エンジン]]星形複列18気筒×4基|
|出力|2,200馬力(1,600kW)|
|[[プロペラ]]|4枚定速プロペラ(直径:5.05m)|
|速度&br;(最大/[[巡航>巡航速度]]/[[失速]])|575km/h / 467km/h / 169km/h|
|[[航続距離]]|5,230km(爆弾4.5t搭載時)|
|[[フェリー>回航]]航続距離|9,012km|
|[[上昇限度]]|9,170m|
|[[上昇率]]|4.6m/s|
|揚抗比|16.8|
|[[翼面荷重]]|337.5kg/|
|パワー/マス|0.120kW/kg|
|武装|[[ブローニングAN/M2 12.7mm機関銃>ブローニングM2]]×8または10門&br;(前上方下方銃塔、後上方下方銃塔、尾部銃塔。いずれも遠隔操作式。A型は12門)&br;M2(イスパノ・スイザ HS.404) 20mm機関砲×1門(尾部銃座)|
|爆弾搭載量|9t(最大)|
~
**派生型(カッコ内は生産・改修機数) [#v638e277]
-爆撃型
--モデル341:~
初期計画案。遠隔操作銃塔が未装備。~
初期計画案。仕様変更要求前の仕様で遠隔操作銃塔が未装備。~
~
--モデル345:~
仕様変更後のモデル。尾部銃座は無人の予定だった。~
仕様変更後のモデル。モックアップが製造された。~
尾部銃座は無人の予定だった。~
~
--XB-29(3機):~
試作原型機。社内呼称モデル345。~
エンジンはライト R3350-13を搭載。~
量産機と異なる点として、機体塗装がオリーブドラブであるほか、機体側面の照準用窓の代わりに当初予定されていたスペリー製銃塔用の小型風防が機首上面と胴体後部に設けられていた。~
~
--YB-29(14機):~
XB-29改修の増加試作機。エンジンはライトR-3350-21を搭載。~
いくつかの組み合わせで武装を搭載した。~
試験終了後は訓練機として使用されたが10号機のみ実戦に参加している。~
~
--B-29(2,508または2,509機):~
初期量産型。~
エンジンはライトR-3350-23または-23A/-41/-57を搭載した。~
~
--B-29A(1,119機):~
全長を30cm延長し、前部上方の12.7mm機関銃座を4連装に増強した型。~
全長を30cm延長し、機体上面前部の銃塔を4連装に増強した型。~
他機種と異なり[[主翼]]付け根が中央胴体と一体となった構造をしており、全幅が12インチ長い。~
エンジンはR-3350-57/-59を搭載。~
~
--B-29B(311機):~
夜間爆撃精度向上のためレーダーをAPQ-7「イーグル」に換装した夜間爆撃専用型。~
[[日本軍]]の防空能力が低下した大戦末期に生産されたため、尾部の20mm[[機関砲]]銃座以外の全ての防御武装が撤去されている。~
[[日本軍]]の防空能力が低下した大戦末期に生産されたため、固定武装は尾部の20mm[[機関砲]]銃座のみとなっている。~
エンジンはR-3350-51または-51/-57Aを搭載。~
~
--B-29C:~
A型のエンジンを新型のR-3350に変更した改良型。~
5,000機が発注されたが終戦のため全機キャンセル。~
~
--B-29D:~
XB-44の生産型。~
エンジンを[[P&W>プラット&ホイットニー]] [[R-4360「ワスプ・メジャー」>ワスプ]]に換装した。~
終戦で一旦はキャンセルされてしまったが、後に[[B-50]]として復活した。~
以後の経緯は[[B-50]]の項を参照のこと。~
~
--B-29L(74機):~
[[プローブ&ドローグ>プローブアンドドローグ]]方式空中給油装置の試験機。~
ループドホース方式[[空中給油]]装置の試験機。~
後にB-29MRと改称。~
~
--ワシントン B.Mk.1(Washington B.Mk I)(88機):~
[[英空軍>RAF]]に貸与された際のB-29、B-29A、RB-29Aの呼称。~
1955年に返還されたが2機のみオーストラリア空軍に売却されている。~
~
-偵察型
--RB-29(旧呼称F-13)(139機(RB-29A含む)):~
B-29にカメラを搭載した[[偵察機]]型。~
~
--RB-29A(旧呼称F-13A):~
B-29Aの[[戦略偵察機>偵察機]]型。~
大型カメラと長距離用燃料タンクを装備。~
~
--RB-29A:~
[[ELINT]]機型。偵察型とは別の機体。~
~
--ERB-29:~
[[電子偵察機>電子戦機]]型。~
胴体下にレドームが3個増設されている。~
~
--RB-29J(旧呼称FB-29J):~
多重検知器搭載の写真偵察機型。YB-29J改装。~
~
--WB-29:~
気象観測型。~
大気標本採取装置を搭載。~
~
--P2B-1S(4機):~
海軍航空隊向け[[哨戒機]]型。D-558-2「スカイロケット」の発進母機としても使用された。~
~
---P2B-2S(2機):~
P2B-1Sにレーダーを追加し、爆弾倉内に燃料タンクを増設した発展型。~
~
-空中給油型
--KB-29M(92機):~
B-29の爆弾倉に燃料タンクを増設し、後部胴体に給油ホースと動力リールを搭載した[[空中給油機]]型。~
~
---YKB-29T(1機):~
3点給油実験機。KB-29M改装。~
~
--YKB-29J:~
[[フライングブーム]]式空中給油装置の試験機。YB-29J改装。~
~
--KB-29P(116機):~
KB-29Mの給油方式を[[フライングブーム]]方式に変更した[[空中給油機]]型。~
~
-その他
--XB-39(1機):~
YB-29にアリソンV-3420-11[[液冷エンジン]]を搭載した原型機。~
エンジン換装計画中止後は同エンジンのテストベッド機として使用された。~
~
--XB-44(A型1機):~
エンジンを[[P&W>プラット&ホイットニー]] R-4360-33「ワスプ・メジャー」に換装したテストベッド機。~
~
--XB-29E(B-29 1機):~
各種電子防御型[[火器管制装置]]のテストベッド機。~
~
--B-29F(6機):~
アラスカでの運用試験のために、極寒冷地仕様に改修された型。~
運用試験終了後は標準仕様に戻された。~
~
--XB-29G(B型1機):~
胴体下に[[ターボジェット]][[エンジン]]を搭載したテストベッド機。~
~
--XB-29H(A型1機):~
B-29Aの防御用武装を改良した特殊武装試験機。~
~
--YB-29J(各型6機):~
エンジンを燃料噴射式のライトR-3350-CA-2に換装し、低抵抗型ナセルに改修した機体。~
~
--CB-29K:~
貨物[[輸送機]]型。~
~
--DB-29:~
[[ドローン>無人機]]管制機型。~
~
--EB-29(1機):~
[[ベル>ベル・エアクラフト]][[X-1]]の発進母機型。~
~
--EB-29A(1機):~
フライングブーム方式の空中給油試験の受油試験機。~
~
--EB-29B(1機):~
XF-85「ゴブリン」戦闘機を搭載する寄生戦闘機母機改造型。~
~
--ETB-29A(A型1機):~
「MX-1018(ティップ・トウ)」計画による[[寄生戦闘機]]母機改造型。~
両翼端に[[EF-84B>F-84]]戦闘機を連結する。~
~
--QB-29:~
無線操縦の[[標的機]]に改装された型。~
~
--GB-29:~
各種[[超音速]]飛行[[実験機]]の母機に改装された機体。~
~
--スーパーダンボ:~
[[海洋救難機>救難機]]改装型。~
救命桴や投下式ラジオなどの救難用具を装備し日本沿岸で救難作戦に投入された。~
~
--SB-29「スーパーダンボ」(各型16機):~
上記とは別に戦後に改造された[[海洋救難機>救難機]]型。~
胴体下にA-3空中投下式救命艇を搭載している。~
~
--TB-29/TB-29A/TB-29B:~
B-29の[[練習機]]改装型。標的曳航機としても使用された。~
~
--VB-29(1機):~
要人輸送型。~
~
--[[Tu-4]]:~
ソ連が自国領内に不時着した機体をもとに[[デッドコピー]]した機体。~
~

IP:153.151.165.27 TIME:"2019-08-15 (木) 13:15:44" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/76.0.3809.100 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS