*&ruby(あーえふぴーびー){【AFPB】}; [#w0d6999e]
Automatic Firing Pin Block.~
Automatic Firing Pin Block (撃針固定子)~
~
銃の引き金を引ききらない限り、撃針を前進しないように固定する事により銃の[[暴発>誤射]]を防ぐ機構。~
[[自衛隊]]では「撃針固定子」と呼ばれている。~
~
量産された物としては、ドイツのワルサー[[P38]]で初めて採用されたと言われている。~
特に、[[アメリカ国防総省>ペンタゴン]]の制式[[拳銃]]トライアル、「JSSAP(空軍)」「XM9-SPT(陸軍)」が行われた1970年代末〜1980年代前半以降に登場した[[半自動式拳銃]]において、不意の落下等の事故による暴発防止等、安全性を確保する内蔵セイフティーとして採用されており、現在生産されている多くの[[半自動式拳銃]]に装備されている。~
~
一方で[[回転式拳銃]]の場合、撃針が撃鉄に装着されている物と、フレーム側に内蔵されている物があるが、どちらの場合も引き金を引ききらなければ雷管を打撃する事が出来ないような機構が内蔵されており((S&Wのハンマーブロック、スターム・ルガーのトランスファーバー等。))、AFPBのような機構はない。~
撃鉄の固定が不安定だった初期の[[回転式拳銃]]では、撃針を折り畳んで暴発を防ぐ仕組みのものもあった。~
銃の撃針(Firing Pin)を固定し、引き金を最後まで引き絞らないと撃鉄が動かないようにする仕組み。~
安全装置の一種で、落下事故などの衝撃で[[暴発>誤射]]するのを防ぐために内蔵される。~

規格としてはドイツのワルサー[[P38]]に採用されたのが最初。~
1970年代から現代までに登場した[[半自動式拳銃]]の多くに採用されている。~
~
[[回転式拳銃]]も似たような機構を持つが((S&W社のハンマーブロック、スターム・ルガー社のトランスファーバー等。))、これはAFPBとは呼ばない。~

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS