*&ruby(だいしょう){【代将】}; [#g6aa9e18]
Brigadier([[陸軍]])/Commodore([[海軍]])/Air commodore([[空軍]])~
~
職業軍人の[[階級]]もしくは称号のひとつ。~
本項では通常、[[准将]]と訳されるBrigadier、Air Commodoreも佐官扱いであるので、便宜上、同様に扱う。~
[[NATO>北大西洋条約機構]]が定めた[[階級符号>NATO階級符号]]では、[[准将]]と同じく「OF-6」に相当する。~
~
本来、代将は[[海軍]]において戦隊司令官の任に当たる大佐(階級が未分化だった時代は海佐((艦長の階級としての呼称((職位3年過ぎた海佐は陸軍大佐と同格、それ以外の海佐は陸軍中佐と同格とされた。))。因みにCommanderは准海佐といい、海尉-Lieutenantの級外艦艦長としての職位である。((陸軍少佐と同格とされた。)) )) )の職位である。
本来、代将は[[海軍]]において[[戦隊]]司令官の任に当たる大佐(階級が未分化だった時代は海佐((艦長の階級としての呼称((職位3年過ぎた海佐は陸軍大佐と同格、それ以外の海佐は陸軍中佐と同格とされた。))。因みにCommanderは准海佐といい、海尉-Lieutenantの級外艦艦長としての職位である。((陸軍少佐と同格とされた。)) )) )の職位である。
>なお、代将制度は、第一次英蘭戦争時にオランダ海軍が最初に設けたとされる。

その後、海軍軍人の階級が整備された後も「司令官たる大佐」を「艦長たる大佐」の上位に位置付ける必要から「将官の代理」として代将の職位ないし階級が設けられた。~
特に[[アメリカ海軍]]では、19世紀まで将官の昇任に議会の議決が必要な事から、代将制度が盛んに使われた((現在では階級ではなく、[[駆逐艦]]戦隊(英訳は''[[Squadron>スコードロン]]'')・水陸両用戦隊・沿岸戦闘集団・[[潜水艦]]戦隊・[[航空団]]及び[[海軍造船連隊>シービー]]を指揮する先任の大佐に与えられる「称号」として用いられている。))。~
~
イギリス海軍では、将官の身分化により昇任が定員や年功などで制約されるようになり、将官の資格を持つ者がいない場合、最先任の海佐が複数の艦を指揮するケースが生じたため設けられた。~
嘗ては専任の[[戦隊]]司令官であり、少将と同一の袖章の一等代将と、[[旗艦]]艦長兼戦隊司令官の二等代将に分かれていた。

>日本等では、「司令官たる大佐」であり、あくまで職位として扱われ、代将旗((海自ではブロード・ペナントではなく1スターフラッグを使用しているため、[[准将]]を導入した場合、''「将旗」''をどうするか問題が生じそうである。''(代将旗を廃止するわけにはいかないため。((フランス海軍のような准将(実際は少将を准将位として扱っている。)制度のある海軍でも大佐の職位としての代将は存在し、当然、代将旗は存在する。)))'' ))の掲揚のみにとどまる。

イギリス陸軍の場合、[[第一次世界大戦]]後に将官の人員整理のため、1921年に[[准将(Brigadier-general)>准将]]((階級章は将官用のものである。))が廃止され、「旅団長たる大佐」として代将((Colonel-commandant.(1922〜27年)後にBrigadier.(1928年〜)))が設けられた。~
~
同じく空軍の場合、主に「[[飛行集団(Group)>航空師団]]司令官たる大佐」にあてられた。~
~
また、[[第二次世界大戦]]までの旧ドイツ軍の様に、[[陸軍]]や[[空軍]]に[[准将]]の[[階級]]の無い国でも、[[海軍]]には代将の階級章が存在していた国もある。~
~
代将の様なあくまでその職にある間のみの臨時階級のことを、「positional rank」と呼ばれる。

IP:114.161.18.168 TIME:"2019-01-30 (水) 08:57:32" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.98 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS