*&ruby(さんぱちしきほへいじゅう){【三八式歩兵銃】}; [#pd8c4ade]

旧日本陸軍の主力[[小銃]]のひとつ。愛称は「さんぱち」。~
[[旧日本陸軍>日本軍]]の主力[[小銃]]のひとつ。愛称は「さんぱち」。~
それまで、小銃を海外からの輸入やその[[コピー品>デッドコピー]]に頼っていた日本陸軍が自力で開発した近代的[[ボルトアクションライフル]]で、明治38年(1905年)に制式採用された。~
~
従来のコピーや輸入品と違い、日本人の体躯に合わせた弾薬(6.5mm)であったため、反動が少なく撃ちやすかったと言われており、命中精度は現在の[[狙撃銃]]にも劣らない。~
その反面、命中精度と[[銃剣]]格闘を重視したやたらと長い銃身(1270mm)は取り回しに難があり、また「量産品であるにも関わらず、ほぼ全ての銃同士に部品の互換性が無い」という、(現代の基準から見れば)軍用銃としては考えられない欠点((ただ、当時はどの国でも部品のサイズ・規格がきちんと統一されておらず、組み立ても手作業であったため、本銃と類似の問題が大なり小なり存在していた。[[M1ライフル]]の項も参照のこと。))があり、戦地での部品供給にも難があった。~
その反面、命中精度と[[銃剣]]格闘を重視したやたらと長い銃身(1270mm)は取り回しに難があり、また「量産品であるにも関わらず、ほぼ全ての銃同士に部品の互換性が無い」という、(現代の基準から見れば)軍用銃としては考えられない欠点((ただ、本銃が開発・生産されていた当時は、どの国でも部品のサイズ・規格がきちんと統一されておらず、組み立ても手作業であったため、本銃と類似の問題が大なり小なり存在していた。&br;  [[M1ライフル]]の項も参照のこと。))があり、戦地での部品供給にも難があった。~
~
後年、弾薬の威力不足が指摘され、7.7mmの弾薬を使用する「[[九九式小銃]]」が登場したが、生産がはかどらず、結局敗戦まで主力銃として使用された。~
派生型として、38式騎兵銃、38式短小銃、38年式改狙撃銃などがある。~
~
戦後、[[米軍>アメリカ軍]]に接収された物が広くアメリカ国内に出回り、今でも実際に射撃大会や狩猟で使われている。~
戦後、[[米軍>アメリカ軍]]に[[接収>鹵獲]]された物が広くアメリカ国内に出回り、今でも実際に射撃大会や狩猟で使われている。~
~
**性能諸元 [#oe3ccf51]
|口径|6.5mm|
|全長|1,276mm/1,663mm(三十年式[[銃剣]]着剣時)|
|銃身長|797mm|
|重量|3,730g/4,100g(三十年式銃剣着剣時)|
|装弾数|5発|
|使用弾薬|三八式実包|
|[[ライフリング]]|6条右回り(初期型)/4条右回り(中・後期型)|
|作動方式|ボルトアクション|
|銃口初速|762m/s|
|[[有効射程]]|460m/2,400m(照尺最大時)|

**派生型 [#a199414a]
-三八式騎銃(三八式騎兵銃):~
全長を約300mm短縮した[[騎銃>カービン]]型。~
~
-四四式騎銃(四四式騎兵銃):~
騎銃として特化した型。折畳式の[[銃剣]]を備える。~
~
-三八式短小銃:~
取り回しが便利な軽便銃として銃身を切り詰めた型。~
~
-九七式狙撃銃:~
狙撃眼鏡(九七式狙撃眼鏡)を付すなど改造を行った[[狙撃銃]]仕様。~
~
-三八式改狙撃銃:~
三八式歩兵銃に九七式に準じた改造を施した型。~
~
-三八式改造自動小銃:~
自動小銃型。計画のみ。~
~
-試製一式小銃:~
銃床を折畳式にした[[挺進部隊>空挺部隊]]用小銃。試作のみ。~
~
-狭窄射撃用小銃:~
操作法などの教練用練習銃とした型。~
実戦用の実銃と区別するため、小銃下帯の下部に接して、エナメルで全周にわたり幅約2cmの赤色横線を施している。~
~

IP:180.44.147.87 TIME:"2015-12-25 (金) 18:31:13" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; WOW64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/47.0.2526.106 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS