*&ruby(いよんまるまる){【伊-四〇〇】}; [#cd188b87]
[[旧日本海軍>日本軍]]が[[第二次世界大戦]]中に建艦した特大型[[潜水艦]]。別名「&ruby(せんとっけい){潜特型};」。~
同型艦には「伊-四〇一」「伊-四〇二」がある((「伊-四〇三」「伊-四〇四」「伊-四〇五」は建艦途中で工事中止となった。))。~
正式名称は「伊号第四〇〇番潜水艦」と呼ばれ、部内では「特潜」とも呼ばれていた。~
~
日本海軍の作戦構想は基本的に「[[戦艦]]を中心とする主力艦隊同士の砲撃戦(所謂[[艦隊決戦]])」であるが、この作戦構想での潜水艦は~
「前方海面に進出して敵艦隊の兵力・位置・動向を探知、可能ならばこれに[[雷撃]]を加えて兵力を減殺する」~
日本海軍の作戦構想は基本的に「[[戦艦]]を中心とする主力[[艦隊]]同士の砲撃戦(所謂[[艦隊決戦]])」であるが、この作戦構想での潜水艦は~
「前方海面に進出して敵[[艦隊]]の兵力・位置・動向を探知、可能ならばこれに[[雷撃]]を加えて兵力を減殺する」~
「主力艦隊同士の戦闘が終了した後に適宜夜襲を加えて残敵を掃討する」~
という任務が割り振られていた。~
この為に大型で航続力の長い「巡洋潜水艦(巡潜型)」と呼ばれる艦が数多く建艦され、また、一部の艦には索敵範囲の拡大及び艦隊連絡用に小型の[[水上機]]が搭載されていた((このアイデア自体は列強各国でも試されたが、実用化したのは日本だけである。))。~
~
本艦型は基本的にこれらを拡大・発展させたものであるが、設計・建艦に当たっては、南アメリカ大陸南岸を通過してアメリカ東海岸の戦略拠点を攻撃することが念頭に置かれ、33,000海里もの[[航続距離]]が要求されていた。~
また、搭載機は新たに開発した[[水上攻撃機>攻撃機]][[「晴嵐(M6A1)」>晴嵐]]3機とされた((計画当初は2機搭載の予定であったが、建艦数の削減を受けて1機追加される事となった。))。~
この事からか、本艦には後年「[[潜水空母]]」との異名を与えられている((ただし、実際には[[水上機]]しか運用できなかったため、「潜水水上機母艦」といった方が実態に近しいと思われる。))。~
~
18隻の建艦を計画していたものの、戦況の加速度的な悪化により就役できたのは上記の3隻に止まり((その中の1隻「伊-四〇二」は[[航空燃料>燃料]]輸送用の[[潜水タンカー>タンカー]]として使われていた。))、更に攻撃目標も敵[[機動部隊]]の集結地であるウルシー環礁に変更された。~
~
昭和20年8月の敗戦時、ウルシー攻撃を目指して航行中だった伊-四〇〇・伊-四〇一の2隻は東北沖の太平洋上で[[米海軍>アメリカ軍]]に[[降伏]]。~
戦時賠償としてアメリカに接収された2隻は、検証が行われた後にハワイ沖で実艦標的として海没処分された((この他、呉で爆撃により損傷したまま終戦を迎えた伊-四〇二が、東シナ海でアメリカ軍の実艦標的として沈められている。))が、本艦の設計思想は後年、[[核弾頭>核兵器]]を装備した[[巡航ミサイル]]や[[弾道ミサイル]]を多数搭載し敵の戦略拠点を叩く「[[戦略潜水艦]]」に発展した。~
また、[[攻撃潜水艦]]の搭載兵装にも[[対艦ミサイル]]が搭載されるようになり、潜水艦の新たな可能性を切り開く基ともなった。~
>ただし「航空機の[[プラットフォーム]]」としての思想は事実上、本艦を最後に途絶えている((その理由については[[潜水空母]]の項を参照のこと。))。

**スペックデータ [#d9f99daa]
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/常備/水中)|3,530t/5,223t/6,560t|
|全長|122m|
|全幅|12.0m|
|喫水|7.02m|
|[[機関>エンジン]]|艦本式二二号十型[[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]×4基&br;推進器×2軸&br;1,200馬力モーター×2基|
|最大出力|7,700hp(エンジン)&br;2,400hp(モーター)|
|燃料搭載量|重油:1,750t|
|最大速力|18.7[[kt>ノット]](水上)&br;6.5kt(水中)|
|[[航続距離]]|37,500[[海里]]/14kt(水上)&br;60海里/3kt(水中)|
|安全潜行深度|100m|
|連続行動期間|約4ヶ月|
|乗員|艦長以下157名|
|兵装|艦首53cm魚雷発射管×8門([[魚雷]]20発)&br;40口径14cm単装砲×1門&br;25mm機銃×三連装3基・単装1挺|
|[[艦載機]]|水上攻撃機「晴嵐」×3機|
|装備|四式一号一〇型[[射出機>カタパルト]]×1基|
|[[電探>レーダー]]|二二号電探×1基、十三号電探×1基|
~
**同型艦 [#pa346a52]
|艦名|主造船所|起工|進水|就役|退役/除籍|備考|
|伊-四〇〇&br;(第5231号艦)|呉海軍工廠|1943.1.18|1944.1.18|1944.12.30|1945.9.15|1946.6.4 海没処分|
|伊-四〇一&br;(第5232号艦)|佐世保海軍工廠|1943.4.26|1944.3.11|1945.1.8|1945.9.15|1946.5.31 海没処分|
|伊-四〇二&br;(第5233号艦)|~|1943.10.20|1944.9.15|1945.7.24|1945.11.30|1946.4.1 海没処分|
|伊-四〇三&br;(第5234号艦)|呉海軍工廠|>|>|>|CENTER:-|起工直後空襲により損傷&br;以後、建造中止&br;戦後解体|
|伊-四〇四&br;(第5235号艦)|~|1943.11.18|1944.7.7|1945.8.予定|-|1945.6.4&br;95%完成時点で建造中止&br;1945.7.28&br;呉軍港空襲により大破。&br;後に技術秘匿のために自沈処分&br;1951.12.引き上げ&br;(翌年解体)|
|伊-四〇五&br;(第5236号艦)|[[川崎重工業]]|1944.9.27|>|>|-|起工直後に建造中止、解体。|

IP:114.161.18.168 TIME:"2017-07-22 (土) 07:34:39" REFERER:"http://mmsdf.sakura.ne.jp/public/glossary/pukiwiki.php" USER_AGENT:"Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/59.0.3071.115 Safari/537.36"

トップ 編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS